移住で実現したい田舎暮らし!物件探しのノウハウをご紹介!

地方移住の基本!田舎暮らしを実現するための物件探しのノウハウをチェック

bukken-1

 

今後U・I・Jターンなどで地方移住を考えている人であれば、これから住みたい場所での物件探しにワクワクと心を躍らせる人も多いのではないでしょうか?

 

物件探しはある意味これからの生活を左右するため、希望の条件を満たした上で、賃料も手頃な価格の物件を探したいところです。

 

四方をビルや建物に囲まれた都会での物件探しとは違い、 地方での物件探しには様々な条件が付いてまわります。

 

そこで、地方移住で快適な暮らしを実現するための物件探しノウハウをご紹介していきます。

 

 

田舎で快適な暮らしを実現させる!物件を決める前に注意しておきたいポイント

bukken-2

 

U・I・Jターンで地方移住をするなら、まず基本として押さえておきたいのは「仕事」に関することです。

 

インターネットなどを利用して物件探しをすれば、それなりに興味を引く賃貸物件が見つかります。

 

しかし、焦って契約を取り付けるのはおすすめできません。

 

U・I・Jターンのメインの目的は、 ” 地方への転職 ”です。

 

「 地方移住してから仕事を探そう 」

 

という楽観的な行動も決して間違っているわけではありません。

 

しかし、仕事というものは” 縁のもの ”でもあり、必ず希望の仕事が見つかるという保障はありません。

 

今後の生活と家賃を支払っていく事を考えれば、物件の契約は

 

  • 退職前の収入があるうちに
  • 地方での新しい仕事が決まってから

 

おこなうのがベストと言えるでしょう。

 

 

移住先” 賃貸物件 ”の入り口はインターネットから

bukken-3

 

まずはインターネットで検索してみよう!

地方で賃貸物件を探す時に、まず使えるツールがインターネットの賃貸物件検索サイトです。

 

様々な不動産検索サイトがありますが、 不動産・住宅情報サイト『 スマイティ 』では、各地方の特徴がわかる情報も記載されており、さらにその地域で人気の土地などをランキング形式で表示してくれています。

 

また、様々な条件で賃貸物件を一括検索することも可能です。

 

その他多くの賃貸検索サイトが存在していますが、それぞれ取り扱う物件に違いがあります。

 

いくつかの検索サイトを試し、比較してみることをオススメします。

 

自分の足でも情報を集めよう!

地方でもさらに田舎となれば、排他的とも思えるような土地も存在します。

 

このような場所に移住するとなれば、やはり自分の足で物件を探すのが一番です。

 

実際に土地を訪れ、不動産屋や地元の方々から情報収集をおこないましょう。

 

 

地方移住の賃貸物件探しで押さえておきたいポイントは?

bukken-4

 

都会とは少し勝手が違う地方での賃貸物件探し。

 

例えば、岡山や広島、愛媛などの近県で物件を探すにしても、それぞれ地域性や特徴が異なるため、探し方にも変化がでてきます。

 

そこで、地方移住の物件探しで押さえておきたいポイントをご紹介していきます。

 

 

ポイント①:地方の不動産屋ならではの「サービス」を活用しよう

 

大手の賃貸物件検索サイトで見つけた物件は、地方の不動産屋が取り扱う物件である場合がほとんどです。

 

そして地方の不動産屋の中には、” 無料引越しサービス ”や ” 引越し用ダンボールをプレゼント ”といったサービスを提供している不動産屋も存在します。

 

このような地方の不動産屋ならではのサービスを上手に活用していきましょう。

 

 

ポイント②:「自治会費」や「町内会費」などが発生する場合もある

 

岡山や愛媛、広島に限らず、地方で賃貸物件を探すのであれば、「自治会費」や「町内会費」が発生する可能性があることも覚えておきましょう。

 

これらの費用は、地域の環境保全やお祭り、その他の地域に関する事に活用される費用になります。

 

さらに地方によっては、地域のお祭りなどに参加をうながされることもあります。

 

これらのことについて気になる人は、不動産屋に直接問い合わせましょう。

 

 

ポイント③:「環境」によって住み心地が異なる

 

都会はビルや住宅に囲まれているため、騒音や光などが問題になります。

 

その点地方では、静かな場所が比較的多く、自然環境や土地の特性が問題になる場合があります。

 

例えば、ため池を埋め立てた場所に住宅がある場合、1年を通して湿度の高い環境で暮らすことになるため、湿気対策が必要になります。

 

また、海や川の近くは心地よい場所ではありますが、大雨や台風が来た時には、風災や水災によって損害をこうむる可能性があります。

 

その他、細かい点では日差しの強さが大きく異なる地域もあります。

 

周辺環境は暮らしにおいて大切な要素です。

 

自然環境も考慮した上で物件を探しましょう。

 

 

ポイント④:「古すぎる賃貸物件」に注意

 

住宅のリノベーションによっておしゃれに生まれ変わった賃貸物件もあります。

 

しかし実際のところは、構造が古い住宅であることに変わりありません。

 

そのため、「断熱性がない」または「断熱性が低い」住宅の場合は、 夏は暑く冬は寒いというような住心地の悪さを招いてしまいます。

 

結露やカビの発生による健康被害も懸念されるため、気になる人は築年数や住宅のスペックをしっかりと確認しておきましょう。

 

 

ポイント⑤:念のために「嫌悪施設」もチェックしよう

 

嫌悪施設とは、飲食店やお寺、火葬場、廃棄物処理場や火薬類貯蔵施設といった、地域でも嫌悪の対象となる施設のことを指します。

 

これは地方も都会も同じことですが、万が一の際に危険、または不快の種となってしまう嫌悪施設が賃貸物件の近くにないか、または施設までどれくらいの距離があるかなどを把握しておきましょう。

 

 

U・I・Jターンの”要”!役立つ物件探しのノウハウを活用しよう!

bukken-7

 

U・I・Jターンで岡山や広島、愛媛といった地方に引越しをするのであれば、物件探しは重要な作業のひとつであり、これからの生活を決定づけるポイントになります。

 

まずは手軽に「物件の検索サイト」から始めてみましょう。

 

条件やマップで絞れば、希望の土地にちょうどいい物件が見つかります。

 

しかし、希望の条件に沿った賃貸住宅でも、予想外の環境であったり予想外の出費が必要になることも考えられます。

 

目ぼしい物件があれば、地元の不動産屋にサービス内容と合わせて問い合わせをしてみましょう。

 

U・I・Jターンの” 要 ”となる物件探しのノウハウを活用し、 快適な移住生活を手に入れましょう!

 

 

関連記事

国からなんと最大100万円もの補助金が受けられる! 東京への人口一極集中を解消し、地方を活性化することで 日本国内を経済的に盛り上げることを目的とした「地方創生」。 地方創生という制度が始まってか[…]

shien-0
関連記事

最大200万円の補助金!地方移住型の「起業支援金」(2019年) 2019年度における地方創生政策の1つに、「移住支援金制度」があります。 これは、ある特定の要件を満たした移住者に対して国の補助金[…]

eturn-0