日経BP「シティブランド・ランキング ―住みよい街2020―」全国総合トップ5は都自治体、四国・中国エリアランキングでは松山・西条がトップ10入り

2020年10月22日、日経BPはビジネスパーソン約2万人を対象にした「シティブランド・ランキング ―住みよい街2020―」のアンケート調査結果トップ200を発表。アンケートでは各地域の子育てや医療、安全性や暮らしやすさなどの対象項目を調査・集計を行い、住みやすい全国市区の総合ランキングやエリア別のランキングをまとめました。

アンケート詳細

出典:新・公民連携最前線

アンケート*では、全国を対象に”街の住みよさ”についての調査を実施。その結果、全国市区ランキングではトップ5を東京都内の自治体が独占。また、四国・中国エリアランキングでは愛媛県松山市が第1位、西条市が第9位という結果になりました。

「シティブランド・ランキング ―住みよい街2020―」(2020年7月21日~8月23日)

日経BP調査モニターと提携調査会社モニター、日経ビジネス電子版に登録する20代以上のビジネスパーソン(有識者)対象のウェブ調査。有効回答数21,850名。

ビジネスパーソンが暮らしやすい街

今回のアンケートでは、東京23区を含む日本全国で住んだことがある街、直近で住んでいた街の「街の活力」「自治体の運営」「安心・安全」「快適な暮らし」「生活インフラ」「子育て」「医療・介護」「生活の利便性」の8分野、38項目の合計値を偏差値化しランキングを作成。

ビジネスパーソンが考える住みよい街の全国総合ランキングでは、1位・武蔵野市、2位・千代田区、3位・文京区、4位・中央区、5位・港区と、トップ5を都の自治体が独占。トップ10では東京6市区の他、千葉県・兵庫県・福岡県・北海道で1市ずつランクインしています。

1位に輝いた武蔵野市は「街の活力」について1番の評価を得たほか、各分野で高評価を得ました。その他の分野では、「自治体の運営」は東京都港区、「医療・介護」は福岡県久留米市、「子育て」は茨城県つくば市、「生活インフラ」は東京都中央区、「快適な暮らし」は兵庫県赤穂市、「生活の利便性」は宮崎県宮崎市、「安心・安全」は千葉県印西市がそれぞれトップ回答となっています。

中国・四国エリアランキング

四国・中国エリア全9県(香川・愛媛・徳島・高知・山口・鳥取・広島・岡山・島根)の

住みよい街ランキングでは瀬戸内海沿い地域のランクインが目立ちました。トップ5は1位・愛媛県松山市、2位・広島県廿日市市、3位・広島県広島市、4位・岡山県倉敷市、5位・山口県周防市。なお、愛媛県西条市は9位にランクインしています。

松山・西条がランクイン。盛り上がりを見せる愛媛県

2019年の同調査では四国・中国エリアランキングで2位、全国総合ランキングで63位であった松山市でしたが、2020年の結果では四国・中国エリアランキング1位、全国総合ランキングでは20位を獲得しています。加えて2020年、西条市はエリアランキング外からのトップ10入りを果たしています。”ビジネスパーソンが暮らしやすい街”をキーポイントとして、西条市および愛媛の街の発展が期待されています。

Uターンや、愛媛での転職を考えている方は、ぜひ株式会社ザ・ワークスまでご相談ください。

 

関連記事

人生で多くの時間を費やす仕事。地方への移住でまず仕事を確保することは、安定した生活を送る上でも最優先事項と言えるでしょう。各地域によって異なる”仕事事情の特色”を把握することができれば、地方での仕事探しや転職にも役立ちます。人材派遣・人材紹[…]

kanemoto15