都内在住者の地方暮らしへの関心、新型コロナ以降で増加

時間や場所にとらわれない柔軟な働き方が定着してきた現在、東京都内では地方暮らしに関心を持つ人が増加しています。株式会社トラストバンクが行った2020年6月23日発表のアンケートでは、新型コロナ拡大後、東京都内に住む人々の中で地方暮らしへの意識がより一層高まっていることが明らかになりました。

前回比8ポイント増。注目を集める”地方暮らし”

株式会社トラストバンクが行ったアンケート結果※によれば、地方での暮らしに興味があると答えた人が56%に上り、同社が行った2017年6月のアンケート結果48%に比べ8ポイント増加していることが分かりました。

◎アンケート詳細

株式会社トラストバンクが都内在住の20代以上の男女1,078名を対象とした「地方暮らしに関するアンケート調査(2020年6月12日~15日)」

地方の暮らしに望むライフスタイルと働き方

corona-chihou02

    出典:(株)トラストバンク「地方暮らしに関するアンケート・Q3」

「あなたが望むライフスタイルは何ですか?」という問いに対し、都市部と地方圏の両方に生活拠点を持つ「二地域居住」と回答した割合は最も多い42.4%。その他、地方のみで暮らす「移住・定住(31.1%)」、都会に住みながら地方拠点を活用する「ワーケーション(24.3%)」という回答が得られました。

なお、「すでに二地域居住やワーケーションを始めている」という人のうちの56.2%、「地方移住を決めている」という人のうちの45.8%は20代~30代が占めていることもわかり、若者世代の地方への関心の高さが伺えます。

地方移住希望者が望む働き方のアンケートでは、「同じ会社で働きたい・転勤やリモートワーク(22.7%)」、「独立して働きたい・フリーランスや起業(20.7%)」、「地方圏の会社に就職・転職したい(13.4%)」、「特にこだわらない(20.9%)」という回答が続き、地方で望む働き方はほぼ均等に分かれました。

新型コロナ感染拡大で増す地方への関心

corona-chihou03

   出典:(株)トラストバンク「地方暮らしに関するアンケート・Q5」

アンケート内の「あなたが地方暮らしに関心を持ったのはいつ頃ですか?」という問いには、「新型コロナ感染拡大以降」と答えた人が18.0%と、この3年以内で最も高い数値を記録。新型コロナウイルスの感染拡大による人口集中リスクや働き方の変化で、地方暮らしへの関心が高まったという人も多くみられました。

地方暮らしをしたい地域トップ3は「北海道・長野・静岡」

corona-chihou04

「地方暮らしをしたい道府県(複数回答可)」については、「北海道(15.9%)」、「長野県(15.7%)」、「静岡県(15.4%)」となり、海産物・農作物が豊富で自然豊かな地域がトップ3を占める結果に。リゾート地として全国に知られる地域、そして東京から気軽にアクセスできる地域が人気となっているようです。

愛媛県の地方移住施策にもユニークな工夫を

corona-chihou05

現在、日本全国の各自治体や企業で行われている移住施策にはユニークなものもあり、大分県豊後高田市による「定住宅地の無料提供」や、茨城県笠間市のログハウス風宿泊施設で田舎暮らしや農業体験ができる「笠間クラインガルテン」など、移住希望者の興味を惹くような工夫を凝らした取り組みが行われています。

地方暮らしをしたいトップ3の地域と同じく、自然豊かな愛媛県。西条市が行う地方移住希望者のための「無料体験ツアー」などに加え、自治体や企業による移住希望者の関心を引き寄せる施策の工夫も、また今後増加していくと考えられます。

 

関連記事

人生で多くの時間を費やす仕事。地方への移住でまず仕事を確保することは、安定した生活を送る上でも最優先事項と言えるでしょう。各地域によって異なる”仕事事情の特色”を把握することができれば、地方での仕事探しや転職にも役立ちます。人材派遣・人材紹[…]

kanemoto15