ネットワークを利用したコミュニケーション!”働き方改革”の基盤にもなる「ICT」とは?

制限のない働き方が効率的!”働き方改革”の基盤にもなる『 ICT 』

hatarakikata-11-1

 

インスタグラムやフェイスブックといったSNSや、LINEなどのコミュニケーションツールがますます便利に活用されている現代。

ネットワークを利用したコミュニケーションは、時間や場所を問わないため、仕事現場でも大いに活用されています。

政府が進める ” 働き方改革 ” では、

 

残業時間の罰則付き条件
有給取得の義務化
フレックスタイムの導入
同一労働同一賃金

 

などを含めた法改正が着々と進んでおり、実際の仕事現場ではますます作業の効率化・自動化の重要性が高まってきています。

ITという言葉がすっかり馴染んだ現代社会ですが、働き方改革に欠かせない「ICT」という言葉に馴染みのない人もまだいるのではないでしょうか。

”働き方改革”の基盤にもなりつつある「ICT」という言葉について解説していきます。

 

 

時間と場所を超えて柔軟に働く!「ICT」とは?

hatarakikata-11-2

 

まず、身近になった「IT」という言葉は ” 情報技術 ” のことであり、インフォメーション・テクノロジー(INFORMATION TECHNOLOGY)の頭文字を取った名称です。

 

これは、”テキストや動画、音声、画像といったものをデータとして取り扱う技術”のことを指しています。

 

では「ICT」とは何を指す言葉なのでしょうか?

 

「ICT」とは ” 情報通信技術 ” のことであり、インフォメーション・アンド・コミュニケーションテクノロジー (INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGY)の頭文字を取った名称です。

 

現代は、スマートフォンやパソコン端末といった様々な製品やモノがネットワーク上で繋がっており、情報の共有や知識の共有、伝達などが可能となっている環境です。

 

つまり、ITという情報技術に”コミュニケーション”の要素を含むものが「ICT」という概念です。

 

 

ワークスタイルが変わる!仕事現場における「ICT」の代表的な3例

hatarakikata-11-3

 

大企業や中小企業でも大いに活用されている「ICT」。

 

ITにコミュニケーショの要素を加えた「ICT」は、働き方改革における作業効率化に大きく貢献します。

 

実際にどのような活用事例があるのか確認してみましょう。

 

ICTの活用事例①: ビジネスチャット

hatarakikata-11-4

 

これまで幅広く活用されてきたチャットシステム。

 

チャットシステムはリアルタイムでのやりとりが可能であり、テキストを中心とした会話ツールです。

 

ビジネスチャットは、よりビジネスに特化したチャットシステムを利用することによって、各種ファイルの送受信や、トピックに対するスレッドを立てて意見交換をおこなったり、プロジェクトの共有が可能です。

 

インターネットに接続できる環境であれば場所を選ばないビジネスチャットは、パソコンはもちろん、スマートフォンからのアクセスも可能となっており、作業効率化に大いに役立っています。

 

ICTの活用事例②: WEB会議システム

hatarakikata-11-5

 

遠隔で会議をおこなうことが出来るWEB会議システムは、遠方の支店などから本社へ社員を呼び寄せる必要もなく、重要な内容をWEB上で話し合えます。

 

カメラとマイクを利用し、実際の会議と同じく顔を見て重要事項について意見交換をおこなうことができます。

 

先に紹介したビジネスチャットにも会議ツールが組み込まれていることもあり、場所に関係なく効率的な会議をおこなうことができます。

 

ICTの活用事例③: クラウドプラットフォーム

hatarakikata-11-6

 

「ICT」で欠かせないキーワードといえば ” テレワーク ” です。

 

”テレワーク”とは、ICTを活用することで場所や時間を超えた柔軟なワークスタイルのことを指します。

 

そしてクラウドプラットフォームは、ウェブ上のサーバーに仕事の遂行に必要な各種資料などのリソースを準備し、社員がインターネット経由でそれらにアクセスすることで、内勤と変わらない環境で仕事ができるという便利なものです。

 

クラウドプラットフォームは、労働者を時間や場所の制約から開放し、なおかつコストの削減を実現します。

 

 

働き方改革の基盤となる「ICT」について知っておこう!

hatarakikata-11-7

 

長時間に渡る無駄な残業時間や、会議出席の多くの手間を省くことを可能にしてくれる「ICT」。

 

働き方改革が進む現代において、コミュニケーションを強調した情報技術である「ICT」はますます欠かすことが出来ない技術となってきています。

 

あらゆる仕事の効率化を可能にする「ICT」ですが、実際にはまだまだ導入していない企業が多数存在しているのも事実です。

 

組織単位での効率化について考えるのであれば、「ICT」の導入は働き方改革に沿った改革を実現するきっかけにもなります。

 

働き方改革の基盤となる「ICT」について知っておきましょう。

 

関連記事

「ワークライフバランス」は人生を満たすキーワード! 政府による「働き方改革」や「地方創生」など、日本の未来をより良くするための政策が進む中、 ”ワークライフバランス”という言葉を耳にする機会が多くなりました。&[…]

worklife-balance-0
関連記事

これからの”生き方”は?働き方改革のメリット・デメリット 少子高齢化、人口減少といった問題が叫ばれ続けている日本社会ですが、 実際にその影響を感じ始めている人も多くなってきたのではないでしょうか。 […]

hatarakikata3-0