【働き方改革】テレワークが身を守る手段に。コロナウイルス拡大に備える!

各企業が講じる感染症対策!テレワークは身を守る手段になる

hatarakikata-12-1

 

中国は湖北省武漢市から感染が確認され、その影響範囲が急拡大しているコロナウイルス。

 

SARSや鳥インフルエンザをはじめ、近年でもいくつかの感染症拡大が問題になっていましたが、コロナウイルスはこれまでの感染症を超える感染力と被害が懸念されています。

 

2020年2月14日の時点で、中国における感染者は6万8500人、死者数は1655人へと拡大しています。

 

また、日本で確認されている感染者数は少ないものの、関西圏から関東圏にかけて感染者が分布していることが発表されています。

 

他人と接触することが多い都会生活、特に電車の利用や忙しい駅構内に出向く際は、十分に感染症対策をおこなっておきたいところです。

 

現時点で各企業もそれぞれの感染症対策を講じていますが、”働き方改革”における「テレワーク」もまた、感染症から身を守る手段として活用され始めています。

 

 

今後も含めて注意が必要な”感染症”まとめ

hatarakikata-12-2

 

今回のような感染症の対策となり得る”働き方改革”。

 

会社や自宅に加え、様々な場所をリモートで繋ぐ「テレワーク」は、ビジネスチャットなどを活用することで、効率の良い働き方を実現してくれます。

 

首相官邸のホームページでは「感染症対策特集」を組み、現状気をつけるべき感染症、そして例年の感染症、今後気をつけるべき感染症を列挙しています。

 

現在注意が必要な感染症

  • 新型コロナウイルス (現時点では飛沫感染・接触感染)
  • 海外で虫や動物が媒介する感染症

例年流行している感染症

  • 季節性インフルエンザ (飛沫感染・接触感染)
  • ノロウイルス (飛沫などの二次感染・食品から感染)
  • 結核 (飛沫感染等)

今後気をつけるべき感染症

  • 鳥インフルエンザ (感染した鳥への濃厚接触)

 

 

参照URL:  首相官邸

 

 

コロナウイルスを始め感染症で注意すべきは”人との接触”

hatarakikata-12-3

 

コロナウイルスも含め、各感染症の感染経路で最も多いとされているのが飛沫感染・接触感染です。

 

飛沫感染は、くしゃみや咳によって病原菌を含む唾液や痰、鼻水などが空気中に飛散し、それが粘膜に付着することで感染へと至ることを意味します。

 

また接触感染は、皮膚や粘膜がドアノブや手すり、便座や各種スイッチなどへの接触を介して病原菌が感染することを意味します。

 

以上のことからも、満員電車や人混みに遭遇する機会が多い都会生活では、自然と感染リスクが高くなると言えます。

 

 

コロナウイルスで各企業が取り入れている対策

hatarakikata-12-4

 

多くの社員を抱える企業では、このような感染症によるパンデミックによって非常に大きな損害を被る可能性が出てきています。

 

特に、朝の満員電車で出社する社員の感染リスクが高まるため、抜本的な対策が必要です。

 

そこで現在、各企業が着々と進めているのが「在宅勤務」という労働スタイルです。

 

ICTなどを活用することで、離れた場所での作業も可能にする「在宅勤務」ですが、更に広い概念として 「テレワーク」という言葉があります。

 

時間や場所に囚われない柔軟な働き方を意味する「テレワーク」は、今回のコロナウイルスなどの感染症から社員を守るために各企業が導入を始め、「働き方改革」を推進する下地となりつつあります。

 

例えば株式会社オトバンクでは、コロナウイルス感染拡大を懸念し、以下の対策をホームページに記載しています。

 

  1. 通勤ラッシュ時(午前7時~午前10時)において全従業員が電車通勤を回避
  2. 不要な出社を控え、基本的に在宅勤務を実施

 

その他、ドワンゴGMOグループヤフーといった大手企業も一定期間の感染症対策に乗り出しています。

 

 

テレワークが可能な現代では「地方移住」も身を守る手段になる

hatarakikata-12-5

 

「働き方改革」が進むことで普及されてきたリモートワークですが、現在は”地方創生政策” によって手厚いサポートを受けられる「地方移住」も注目されています。

 

都会生活にこだわらない人にとっては、「地方移住」という選択肢も身を守る手段になるでしょう。

 

地方では都会に比べて電車利用のリスクは少なく、他人と接する機会も少ないことから、感染症に対するひとつのリスク回避にもなります。

 

テレワーク普及を目指す各省庁の調べによると、上記でご紹介した在宅勤務を進める企業とは対象的に、都内の約半数に及ぶ企業はいまだに”テレワーク導入予定”がないと答えています。

 

現時点ではまだ状況は切迫してはいませんが、命の危険すらある感染症ですから、これまで通りのワークススタイルを強いられると、雇われる側の精神的負担も大きくなります。

 

働き方改革によるワークライフバランスの実現も求められる今。

 

大切なことを”当たり前に大事にする”ということが非常に重要なファクターになりそうです。

 

 

感染症のリスクを今一度確認しよう!

hatarakikata-12-6

 

以前から各機関が懸念していたウイルスや細菌による”パンデミック”。

 

年々危険なウイルスが誕生し、その対策に追われる中、今回の新型コロナウイルスの騒動が発生しました。

 

都会生活における感染症対策は、特に気を付けなければならないことが多くなります。

 

騒動が発端で新しい働き方が普及するのは何とも言いがたいことですが、実際に各企業が「テレワーク」を導入し始め、働き方改革の下地が出来上がりつつあります。

 

そのため、地方創生政策によって手厚いサポートを受けられる 「地方移住」も考えやすくなります。

 

今、自分に合った働き方を見つける機会が訪れているかもしれません。

 

関連記事

想像”だけでは分からない!都会と地方の違いとは  最近、ニュースや新聞などで人々の都会離れが進んでいるという話題が多くなりました。東京一極集中の傾向が強かった一昔前の世[…]

iturn1
関連記事

基本はやっぱり ” 衣食住 ” !失敗しない移住のポイントとは  都会に住みながら地方移住について考えたり、実際に計画を立てている人は少なくありません。 […]

ijyuu-0