働き方改革で増える!慣れない”在宅勤務”で知っておくべき「3つの心得」とは

”在宅勤務”をスムーズに遂行するためのルールとは?

hatarakikata-14-1

働き方改革のガイドラインの中で、ワークライフバランス実現への手段として挙げられている「テレワーク」。

自宅オフィスを始め、場所や時間に関係なく仕事を遂行する概念として使用されるテレワークですが、都心部における通勤・帰宅時の混雑に関わる問題への対処法としても近年脚光を浴びています。

さらに、感染が拡大しているコロナウイルスの影響で、多くの大企業で「テレワーク」が採用され始めています。

このように、2020年を境にますます広がりを見せつつある「テレワーク」ですが、

  • テレワークで仕事の効率が下がってしまう問題
  • テレワークが原因で職場を解雇になる問題

などが浮上し始めているのも事実です。

在宅勤務を含む「テレワーク」で知っておくべき心得についてご紹介していきます。

世間一般にようやく浸透し始めた「テレワーク」

hatarakikata-14-2

意味を知らない人からすれば、

”電話を使った営業”

というイメージを持たれがちな 「テレワーク」。

最近のコロナウイルスの影響もあり、世間的にもようやく認知度が上がりはじめている感覚があります。

ワークライフバランスをいち早く実現している北欧諸国では、テレワークがすでに当たり前のように生活に組み込まれています。

在宅勤務に慣れない人にとっては、働き方そのものが掴めないという人もいるでしょう。

在宅勤務においても、いかに”効率良く”また”負担を少なく”仕事をこなすかという点がポイントになります。

在宅勤務に慣れない人が押さえておきたい仕事のやり方や心得にはどのようなものがあるのでしょうか。

”在宅勤務”をスムーズにこなすための「3つの心得」をチェック!

hatarakikata-14-3

オフィス勤務に慣れている人からすると、1日のペースやリズム、時間管理や仕事をする環境がまるで異なる「在宅勤務」。

自分一人の空間で仕事をこなすには、考え方を少し変えて仕事に取り組む必要があります。

効率と負担軽減を見据えた仕事術をチェックしておきましょう。

仕事の効率を上げる「在宅勤務」の心得①: 働きやすい環境を作る

hatarakikata-14-5

当然ながら、会社に出勤すればデスクやデスク周り、人間関係などはすべて仕事に関わるものになります。

その点「在宅勤務」では、身の回りにあるものは仕事に関するもの以外に、プライベートな趣味のものや、仕事とは直接関係のない家族がいる状況になります。

このような状況では気が散りやすく、仕事に集中できないということが起こりがちになります。

在宅勤務でまず心得ておきたい事は、「自らが働きやすい環境づくりをおこなう」という点。

自分だけのオフィスを持つというのがベストではありますが、家の間取りによってはスペースが取れないという人もいるでしょう。

自宅のLDKなどを利用して仕事をおこなう際は、家族の了承を得て、仕事中は自分だけの勤務スペースとして働きやすい環境づくりをおこないましょう。

仕事の効率を上げる「在宅勤務」の心得②: 余裕のあるスケジュールを組む

hatarakikata-14-4

「在宅勤務」となってないがしろにしがちな時間に関するメリハリや管理方法。

効率良く、また負担を軽減する心得として、余裕のあるスケジュールづくりが重要になってきます。

在宅時でも会社側にスケジュールを決められている場合もありますが、そうでない場合は、 仕事がダラダラと無駄に続いてしまい、モチベーションが下がることで効率も落ちてしまいます。

在宅勤務は基本的に座り仕事です。

長時間の座位によって体の健康を害する危険性も指摘されています。

可能であれば1時間に1回の休憩を取りましょう。

こまめな休憩は集中力を維持させ、健康を害する危険性を回避することに繋がります。

自分自身を集中させ、ケアもおこなえる「余裕のあるスケジュール管理」を意識しましょう。

仕事の効率を上げる「在宅勤務」の心得③: 仕事とプライベートのメリハリを明確にする

hatarakikata-14-6

これは「在宅勤務」に限らず、オフィス勤務にも同じことが言えるかもしれませんが、仕事とプライベートの境界線をはっきりと決め、メリハリを明確にすることもひとつの心得です。

自宅に居ながら会社の仕事をこなす「在宅勤務」は、”仕事とプライベート”が混在する状況になります。

勤務時間外にも関わらず、仕事に関する書類やファイルが視界に入るような状況では、体や頭も休みません。

在宅勤務では、

  • 可能であれば仕事に使うパソコンとプライベートで使うパソコンを分ける
  • 書類やファイルなどを整理し、仕舞うべき場所に仕舞う
  • プライベートな時間では、仕事に関することに一切触れないよう心がける

などを意識して、「仕事とプライベートのメリハリ」を明確にしましょう。

「テレワーク」の”在宅勤務”は自分で自分を管理するチャンス!

hatarakikata-14-7

オフィスへの出勤が当たり前だった近年の勤務スタイルですが、働き方改革を機に、徐々に「テレワーク」という考え方が浸透し始めてきました。

在宅勤務は、最近のパンデミックにおける健康リスクや、混雑によるストレスや労力、コストなどを軽減できるアイデアです。

しかし、オフィス勤務に慣れている人にとっては働きにくく感じることもあるかもしれません。

2020年を境にますます裾野が広がるテレワークや在宅勤務は、今後さらに発展し、働き方改革におけるワークライフバランス実現法の一つとして、働き方におけるひとつの主流になるでしょう。

”在宅勤務”で知っておくべき「3つの心得」確認し、”在宅勤務”で自分自身を管理できるチャンスをフルに活用しましょう。

 

関連記事

AIによる仕事の効率化で”消滅する職業”と”新しく生まれる職業”毎日目まぐるしく変化する仕事環境。”働き方改革”を機に、RPAを始めとする様々な”作業効率化”が、企業の中で大幅な労働時間削減を実現しています。[sitecar[…]

hatarakikata-9-0
関連記事

ナメてはいけないVTD症候群。パソコン作業による健康被害は現代病のひとつ!製造業からIT系まで、あらゆる仕事に欠かせない『パソコン』。パソコンによる仕事の効率化はめざましく、現在ではあらゆる仕事がパソコン頼りになっています。[…]

hatarakikata-5-0