働き方改革で増加するRPAとは?導入メリットをわかりやすく解説!

労働者の働き方が変わる?”働き方改革”で増加する「RPA」!

hatarakikata2-1

 

政府が一歩ずつ歩みをすすめる「働き方改革」。

 

労働者に対する不合理な待遇差や長時間労働による過労死は、早急に対応しなければならない問題です。

 

「働き方改革」は、労働者に大きな負担となる日本社会のあり方を見直し、” 一億総活躍社会 ”の実現に向け、ガイドラインを基準に進められる労働改革です。

 

そして現在、” 有給休暇の強制消化 ”や” 残業時間の制限 ”などの改革が徐々に進んでいるため、「RPA」による作業の自動化に注目が集まっているのです。

 

働き方改革の強い味方!「RPA」とは?わかりやすく解説

hatarakikata2-2

 

「RPA」とは、

 

ロボティクス・プロセス・オートメーション(Robotics Process Automation)

 

の略です。

 

「RPA」は、本来人間がおこなう作業であるアプリケーションやソフトウェア、システムなどの操作を、” プログラムに代行させる ”という画期的なコンセプトです。

 

”AI”とは仕組みが違う!「RPA」の特徴

hatarakikata2-3

 

多くの産業やシステム上で活躍し始めた” AI(人工知能) ”ですが、「RPA」とは大きな違いがあります。

 

基本的に” AI ”は、集積・蓄積されたデータを元に「自分で考え判断する」機能を持ちます。

 

一方「RPA」は、人間が指定した作業や操作に対して「プログラムした通りに動く」という特徴があります。

 

例としては、

 

これまで人間がおこなってきた変化のない単純な入力作業を「RPA」に任せる

 

という感じです。

 

「RPA」は、システムやアプリケーション上の作業を人間の代わりにおこなってくれるシステムです。

 

将来的には” AI ”と” RPA ”を組み合わせ、世の中の景気動向や政治の動きなどから経営判断をおこなうことができるシステムも増えてくるでしょう。

 

「RPA」導入によるメリットとは?

hatarakikata2-4

 

仮想労働者 ”や” Digital Labor ”とも呼ばれる「RPA」。

 

例えば、

 

  • 何社にも及ぶ営業先の情報や収益の管理
  • 複雑なデータ抽出や大量の顧客データの解析や分析
  • 広範囲にわたる市場調査の集計をアプリケーションへ反映する

 

などといった作業は、従来であれば人間の手でおこなわれ、多くの時間を費やしてきました。

 

そしてこれらの長時間に及ぶ作業は、時間外労働の増加へと繋がっていました。

 

ではここで、「RPA」を導入すればどうなるでしょうか?

 

人間と同じようにアプリケーションを操作するだけでなく、正確に数値やデータを短時間で導き出すことができるため、生産性を大きく向上させることができます。

 

正確でスピーディー。

 

これが「RPA」の持つ大きな強みです。

 

「働き方改革」と「RPA」

hatarakikata2-5

 

現代の日本社会では、「働き方改革」という大規模な改革が進んでいます。

 

そしてこの時代の流れは「RPA」の存在意義に深く関係しています。

 

2019年を境に、” 残業時間の規制 ”と” 有給休暇の強制消化 ”に関する法改正が進められているため、企業側は労働者のタスクを減らす必要が出てきます。

 

これまで様々な問題で見送られてきたシステム化が、「働き方改革」と「RPA」の登場によって大幅に前進すると考えられているのです。

 

課題は地方!「RPA」が地方にイノベーションをもたらす!

hatarakikata2-6

 

地方への移住を促進する「地方創生」は、これからの日本経済を活性化させる事を目標に、地方への移住・起業を促進させる政策です。

 

しかし、地方の発展を目指すには、まだまだ” イノベーション人材不足 ”と言わざるを得ません。

 

これからさらに人材が不足すると予測されている地方では、「RPA」のような自動化システムに対する需要がより一層高まります。

 

地方にこそ「RPA」の導入が必要なのです。

 

そしてこれは、地方が人材不足を解消するためにイノベーション人材を求めていると言い換えることもできます。

 

地方は「RPA」の導入だけでなく、様々な改革が必要です。

 

「地方創生」の鍵は、「RPA」の導入や工場内のICT化などを実現するイノベーション人材にかかっているといっても過言ではありません。

 

これらの業務経験を持っている方が地方へ移住すれば、地方に大きな変革をもたらすでしょう。

 

「RPA」を理解し、「働き方改革」の荒波を乗り切ろう!

hatarakikata2-7

 

” 一億総活躍社会 ”という目標に向かって法改正や改革が進む日本。

 

「RPA」(ロボティクス・プロセス・オートメーション)の登場は、日本社会における労働環境を大きく改善し、効率化によってあらゆるコストが削減可能と注目を集めています。

 

国内の大企業を始め、多くの企業は「RPA」をうまく導入し、作業の効率化や労働時間の削減に成功しています。

 

国の成長戦略会議におていもその名前が登場する「RPA」が一般化すれば、地方創生にも勢いがつくでしょう。

 

「RPA」を理解し、「働き方改革」の荒波を乗り切りましょう。

 

 

関連記事

新しいキャリアを始める働き方の選択肢!「Uターン・Iターン」  「今の職場を離れて新しい環境でチャレンジしたい!」「都会を出て、地方でのびのびと働きたい!」[…]

uturn-iturn-0
関連記事

最もメジャーな地方移住をおさらい!「Uターン」「Iターン」とは? 都会以外の新しい就職先や移住先を考えている人がよく目にする「Uターン」「Iターン」。&n[…]

jturn-eturn-0