働き方改革のメリット・デメリットとは?移住を含む広い視点から解説!

これからの”生き方”は?働き方改革のメリット・デメリット

hatarakikata3-1

 

少子高齢化、人口減少といった問題が叫ばれ続けている日本社会ですが、 実際にその影響を感じ始めている人も多くなってきたのではないでしょうか。

 

このような状況で進められる「働き方改革」は、生産性を高めるために国民の労働環境を見直し、日本社会を再び盛り上げるための政策だと言われています。

 

すでに2019年中には、「残業時間の制限」や「有給休暇の強制消化」などの法改正が進み、 企業側としても政策にフィットした対応が必須となってきています。

 

そんな「働き方改革」には、労働者側と企業側の双方にメリットをもたらす反面、デメリットとなる要素も含まれています。

 

これらの要素を大きく把握し、地方移住を含む広い視点から「働き方改革」について考えてみましょう。

 

 

日本社会の問題点を解決!「働き方改革」によるメリットとは?

hatarakikata3-2

 

「働き方改革」には、改革を推し進めることで享受できるメリットが十分に存在しています。

 

そのメリットについて、労働者側と企業側のそれぞれの視点から解説していきます。

 

働き方改革・労働者のメリット

 

近年、「ワークライフバランス」という言葉を耳にすることが増えた人も多いのではないでしょうか。

 

この言葉は、” 仕事とプライベートの調和 ”と言いかえることができます。

 

これまでの日本社会は、” 無駄な長時間労働 ”が評価される社会でした。

 

つまり、” ワークライフバランスが取れていない働き方 ”が評価されていたのです。

 

この悪習慣の問題点は、” 生産性の低下 ”や” 健康被害 ”といった、企業にとっても労働者にとっても嬉しくない結果を生み出すという点です。

 

働き方改革による労働者のメリットは、ワークライフバランスが上手に取れるようになる事です。

 

これによって日々のストレスが軽減し、仕事に対して集中して取り組むことができ、 生産性が向上し、生活も潤うというパーフェクトなバランスが生まれるのです。(成長のための副業も含む)

 

働き方改革・企業側のメリット

 

職場の雰囲気やほどよい緊張感は、企業の生産性にも大きく影響します。

 

従業員が短時間でこなせる仕事を長時間掛けてこなしているような職場の空気というのは、おそらくだらけているような雰囲気なのではないでしょうか。

 

一方で、それぞれが目的意識と集中力をもって仕事に取り組んでいる職場について考えてみれば、その差は歴然であり、生産性もなお高まっていることでしょう。

 

働き方改革における企業側のメリットとしては、労働者を大切にすることができ、その上で生産性の向上が期待できるという点です。

 

そしてさらに、日本社会の大きな流れのひとつである「働き方改革」に取り組む企業として社会での評価も高まり、優秀な人材が集まる可能性も出てきます。

 

 

「働き方改革」によるデメリットとは?

hatarakikata3-3

 

働き方改革では、デメリットも懸念されています。

 

では、企業や労働者が従事する職種によっても変わってくるデメリットとはどのようなものなのでしょうか。

 

働き方改革・労働者のデメリット

 

働く人の中には、できるだけ多くの時間働いて賃金を稼ぎたいという人がいます。

 

しかしながら「働き方改革」では、残業時間に規制が設けられるなど、 労働環境が改善される反面、残業代で稼ぐということができなくなります。

 

それだけでなく、時間を掛けることが必要な作業や職種によっては、仕事が時間内に終わらなければ自宅に仕事を持ち帰るといったケースが発生することも考えられます。

 

このような状況を防ぐために、企業側も『副業OK』などといった何かしらの解決策が必要となります。

 

働き方改革・企業側のデメリット

 

同一労働同一賃金 ”がロードマップに盛り込まれている働き方改革。

 

企業側としてはこれまで、非正規雇用やパートなどを雇用することで人件費を削減することが可能でした。

 

しかしこの” 同一労働同一賃金 ”が定着すれば、 人件費を増加させる一因となってしまう可能性が高く、デメリットとなる可能性があります。

 

加えて労働時間削減の影響により、例えば他企業から請け負った仕事を納期内に終わらせることができないといったケースが発生してくるかもしれません。

 

したがって企業側は今後、より効率的で生産性の高い仕組みを再構築することが求められます。

 

しかしそれは、明るいきっかけとして捉えることもできます。

 

今まで変化のなかった業務を見直すことで生産性を高めることができれば、発展への兆しとなるからです。

 

今回のきっかけを『良い機会』と捉えて前進へと繋げる企業が、成長を掴み取るのかもしれません。

 

「地方移住」と「働き方改革」

hatarakikata3-4

 

現時点では大きくこれらのメリット・デメリットが考えられる「働き方改革」。

 

改革後を広い視点で考えてみると、改革によって日本社会全体に掛かっている不必要なテンションが緩やかになり、よりスムーズで生産性の高い社会が確立できている可能性があります。

 

この改革を『活かす』ことによって労働者の生活と企業が活性化し、 日本社会全体が盛り上がっていくのかもしれません。

 

「働き方改革」と”地方移住”

hatarakikata3-5

 

日本社会における働き方を根底から改変する「働き方改革」。

 

そしてそのかたわらで進められる「地方創生」というもうひとつの流れ。

 

日本の社会は、この2つの流れに沿って動き続けています。

 

改革には常にメリットやデメリットがつきものですが、問題点や解決策は私たち一人一人をはじめ、企業や社会全体が取り組むべき課題と言えます。

 

そしてそれは、個人個人が自らの人生を設計し直すきっかけと捉えることもできます。

 

都会で働き続けるのか、地方へ移住して新しい人生をスタートさせるのか・・・など、

 

様々な人生をイメージすることができます。

 

「働き方改革」によって労働環境が改善され、ワークライフバランスが上手に取れる社会が実現する頃には、「地方創生」による地方そして日本の活性化が日の目を見るでしょう。

 

日本人の” 新しい働き方 ”と” 地方移住 ”は、切っても切り離せない関係になるかもしれません。

 

 

関連記事

新しいキャリアを始める働き方の選択肢!「Uターン・Iターン」  「今の職場を離れて新しい環境でチャレンジしたい!」「都会を出て、地方でのびのびと働きたい!」[…]

uturn-iturn-0
関連記事

日本全体を盛り上げるための政策「地方創生」 現代の日常生活では、目の前にある仕事や物事をこなす事が最優先で、身近なミクロの世界はよく見えますが、マクロな社会の全体像を想像することが難しくなっています。そ[…]

chihousousei-0