業務の自動化にも”問題点”がある?RPA導入でチェックしておきたい課題や問題点

業務自動化に残る課題!”RPA”導入時の問題点に解決策はあるのか

hatarakikata4-1

 

「働き方改革」による労働環境改善によって、ますます注目が集まるRPA(Robotics Processing Automation)。

 

ロードマップを元に進む働き方改革は、同一労働同一賃金なども含め” ノンストップ ”で進んでいます。

 

企業側はこれらの情報を先取りし、改革に沿った動きをしていくことが求められています。

 

実際のところ現在、多くの大手企業がRPA導入による作業効率化を成功させています。

 

しかしその反面、導入の際に予想以上の時間や労力を費やすなどの非効率な事例も出てきています。

 

RPA導入における課題や問題点、解決策を知ることは導入成功への大きな一歩になります。

 

作業を自動化して効率化!RPAについておさらいしよう!

hatarakikata4-2

 

RPAは「作業を格段に効率化するためのツール」です。

 

オフィスワークなどで労働者がおこなう作業には様々なものがあります。

 

例えば、

 

  • 送信されてきた数多くのEメールに添付されているファイルをドライブに保存する
  • 無数にある顧客情報の中から、必要な箇所をコピー&ペーストしてエクセルで管理する
  • 数々のワード文書にチェックをつけ、修正が必要なものを選別する

 

このような” 同じ作業の繰り返し ”を自動化することで、作業効率は格段に向上します。

 

これまでの第二次産業においても、プログラムによる作業自動化は実施されてきました。

 

しかしそれは、システム側に判断を求めない自動化です。

 

CNC自動旋盤のような位置情報ベースの金属掘削の自動化や、ロボット溶接のような自動化もその一例です。

 

まさにRPAは、オフィスワークにおける自動化を実現し、作業をより効率化することを可能にします。

 

 

導入するために知っておきたい課題や問題点とは?

hatarakikata4-3

 

すでに導入を実行に移す企業もありますが、 導入時のアクシデントや作業の切り分けの難しさなどから、導入に手を焼く企業が存在しているのも事実です。

 

RPA導入にあたって解決策や対策を準備しておくには、RPAが持つ独自の問題点や課題を熟知しておく必要があります。

 

まずはじめに、RPA導入における課題や問題点を確認しておきましょう。

 

 

課題や問題点①:進行している業務がストップする

hatarakikata4-4

 

RPA導入でまずチェックしておきたい問題点は、現在取り掛かっている業務がストップしてしまうリスクがあるという点です。

 

実際にRPAを導入するためには、サーバーまたはパソコンなどにRPAプログラムをインストールする必要があります。

 

しかしその際に、

 

  • RPAプログラムのインストール時に、何かしらのシステム障害によってサーバーが停止する
  • 導入の途中で既存の修正プログラムが起動し、状況把握が困難になる

 

というような事態に陥った場合、本来こなすべき業務がストップしてしまい、結果的に時間と労力を多く費やすことになります。

 

 

課題や問題点②:従業員が業務の根幹を理解できなくなる

hatarakikata4-5

 

RPAを導入すると、ボタン一つをクリックするだけで膨大な反復作業を忠実にこなすプログラムが作動し、

 

「気付いた頃には作業が終わっている」

 

という便利さを手に入れることができます。

 

しかしこれにより、業務の構造を従業員が把握しにくくなることが懸念されます。

 

「ここをワンクリックすればいい」

 

という業務の引き継ぎが続けば、結果的になぜそれをするのか、 そのデータはどこから抽出したものなのかなど、従業員が業務の仕組み自体を把握しにくくなってしまうのです。

 

そのため従業員に対しては、イレギュラーの発生などに対応できるような業務の覚え方や教育が必要になるでしょう。

 

 

課題や問題点③:システムやプログラムによる誤動作

hatarakikata4-6

 

企業内で開発した独自のプログラムや外部のプログラムやサービスを利用している場合、プログラムのバージョンアップなどによってRPA自体が誤動作を起こす可能性があります。

 

この問題は十分に注意し、対策しておくことが必要です。

 

他にも、RPAに対する命令プログラムが間違っていた場合や命令プログラムにエラーが含まれているような場合、RPAは反復作業をおこない続けてしまいます。

 

命令自体に穴があれば、それは直接誤動作へと結びつきます。

 

作業者がおこなっているあらゆる作業をひとつひとつ丁寧に紐解き、 的確にプログラムを組む必要があるでしょう。

 

 

社内の部署間連携がRPAの課題・問題の解決策になる

hatarakikata4-7

 

作業の自動化は、担当者一人あたりの作業に対しておこなうものもあれば、 部署をまたいでおこなわれるものもあります。

 

そのため、部署間の連携がしっかりと取れていない企業は、必要以上に問題が発生しやすい傾向にあります。

 

そこでまず、それぞれの部署がRPA導入による影響や変化をしっかりと把握し、他の部署が抱えている影響度を知ることが大切です。

 

その上で、イレギュラー時の対応などを部署間で話し合い、導入時・導入後のリスク管理をおこなっておくことが必要となります。

 

 

RPAにおける課題や問題を理解して、スムーズにRPAを導入しよう!

hatarakikata4-8

 

働き方改革により、企業はこれまでおこなっていた業務を改善することが求められる社会となってきました。

 

RPAは、業務の自動化・作業の効率化を図ることで新しい働き方を生み出す優れたアイデアの1つです。

 

社内へスムーズにRPAを導入するためには、RPAが持つ独自の課題や問題点を知り、 その対策について把握しておくことが必要となります。

 

RPAにおける課題や問題を理解し、スムーズなRPA導入を実現させましょう!

 

関連記事

労働者の働き方が変わる?”働き方改革”で増加する「RPA」! 政府が一歩ずつ歩みをすすめる「働き方改革」。 労働者に対する不合理な待遇差や長時間労働による過労死は、早急に対応しなければ[…]

hatarakikata2-0