「働き方改革」の主力!世の中を変えるAIの”ディープラーニング”を解説

AIによる自動化はすでに始まっている!AIの進化を可能にする”ディープラーニング”

hatarakikata-8-1

 

「AI(人工知能)の登場で、様々な仕事や職業が消える。」

 

近年、このような発言を耳にすることが多くなってきました。

 

すでに大手ファーストフード店では、AIが接客するレジを試験的に導入しています。

 

またコンビニでは、大手コンビニエンスストアとIT企業の共同開発によって、AIによる画像認証・顔認証を利用した「手ぶら決済」を試験的に運用。

 

次世代コンビニ”として注目が集まっています。

 

私たちは日常生活においても、”お掃除ロボット”や”自動車の自動運転”など、あらゆる物事が無人でおこなえる変化を目の当たりにしつつあります。

 

これら全てが”省人化”を目的としており、人に変わって『AI(人工知能)+機械』が働く分野がさらに増える前兆です。

 

このような飛躍的なAIの進化の裏には、”ディープラーニング”という学習機能が大きな役割を果たしています。

 

これからの「働き方改革」による将来を見据えるために、知っておくべきAIの”ディープラーニング”を解説します。

 

 

AIの学習手法の1つ!”ディープラーニング”とは?

hatarakikata-8-2

 

ディープラーニングは、英語でDeep Learningと表記し、『深層学習』という意味合いを持っています。

 

これは、人間がおこなうタスクをAIに覚えさせる手法の1つです。

hatarakikata-8-3

AIは、人間の脳神経回路(ニューロン)をモデルとした多層構造アルゴリズムである「ニューラルネットワーク」 を用い、それぞれの層で音声やテキスト、画像やその他のデータに含まれる特徴などを自動的に把握します。

 

そしてこれらのデータを元に自らが判断し、決定を下すことができます。

 

この一連の学習手法を”ディープラーニング”と呼んでおり、画像・音声・テキスト・データなどの認識を正確におこなうことが出来ます。

 

そしてその認識精度の高さは時に、人間の精度を上回るパフォーマンスを見せます。

 

つまりディープラーニングは、AIに人間の脳神経の仕組みをそのまま応用し、画像認証・音声認証・言語識別などの精度を飛躍的に向上させる手法ということになります。

 

 

AIの”ディープラーニング”がもたらす「働き方改革」の躍進!その応用例をチェック

hatarakikata-8-4

 

手ぶら決済からセキュリティカメラ、さらには自動車に至るまで、あらゆる分野で活躍の場を広げつつある AIですが、その進化の裏には”ディープラーニング”の存在があります。

 

AIのディープラーニングがどのような分野で活用されているのか、その応用例をチェックしていきましょう。

 

 

ディープラーニングの応用例

hatarakikata-8-5

 

① 自動車の自動運転・不良品検知

AIに学習させる学習データを入手しやすいことから、AIによるディープラーニングで最も進んでいると言われる映像・画像認識能力。

 

このAIがもつ映像・画像認識能力は、現代における自動車の自動運転技術や、工場での不良品検知などに活用されています。

 

AIが人間の目の役割を果たし始めているのです。

 

すでにアメリカでは、自動運転の先進国としてテスト運用を始め、また日本の大手自動車会社もIT企業との共同研究によってその実用化を進めています。

 

② スマートフォン・スマートスピーカーなど

スマートフォンでは、質問をすれば答えが返ってくる事がすでに当たり前になっています。

 

何か調べたいことや知りたいことがあれば、とりあえずスマホに聞いてみる人も少なくないでしょう。

 

現代のAIは、会話を聞き、回答することが可能になってきているのです。

 

音声認識の分野では、その内容をテキストに起こすことも可能です。

 

一歩進んだAIの活用法として、会話をする人の声から感情を分析する技術も発達しており、患者の心のケアに活用しようとする企業も登場しています。

 

③ 外国語自動翻訳・自動会話プログラム

外国語を翻訳することがある人なら、その自動翻訳の精度が数年前に比べて格段に向上していることに気づく人も多いのではないでしょうか。

 

AIは外国語のテキストデータを蓄積し、データの分析や外国語文法の訂正、翻訳などに活用しています。

 

このテキストデータと音声解析を組み合わせ、外国人同士の会話をリアルタイムで翻訳することができる技術を進化させています。

 

④ 渋滞予測・疾病発生予測・需要予測など

膨大な量のデータを蓄積・分析することができるAIは、あらゆる推測や予測を立てることが可能です。

 

ビッグデータを入手しやすくなっている現代では、例えば金融為替の動向、疾病の発生率、交通渋滞予測、事故発生率などをほぼ正確に導き出すことができるようになっています。

 

また、世間の動向や需要が予測できれば、ビジネスを大きく拡大させることができます。

 

工場での生産品の品質管理、効率化なども含めると、今後も幅広く貢献すると考えられます。

 

 

AIの”ディープラーニング”を理解しておこう!

hatarakikata-8-6

 

AIの学習手法のひとつであるディープラーニング。

 

一部の例をご紹介しましたが、実際にAIは、私たちの生活を大きく変化させる可能性を秘めています。

 

AIはこのディープラーニングという手法によって、人間より速く正確にタスクをこなすことが出来るため、将来的に様々な仕事が『AI+機械』任せになると考えられています。

 

「働き方改革」を大きく前進させるAIの”ディープラーニング”を理解しておきましょう。

 

関連記事

過去と現在は大きく違う?テクノロジーやサービスの発展が身近な”地方移住”を作り出す! 「上京物語」 「なごり雪」 「東京賛歌」・・・・ これらは、地方から首都圏へとその生活拠点を変える[…]

uturn-iturn-5-0
関連記事

日本の若者が注目する地方都市!四国の「愛媛県西条市」の魅力に迫る! Uターン・Iターンなど、地方移住による転職や起業が加速する昨今ですが、まず迷うことと言えば 、 「移住先をどこにするか?」 […]

saijyo-1-0