人材採用の”次世代キーワード”!「外部人材活用サービス」

今、生産人口の減少が著しい地方企業にとっては、人材を確保することがますます困難な時代になりつつあります。まだまだ”正社員の採用”が重要と考える企業も多く、長期的な育成を考慮する傾向に大きな変化は見られていません。

一方で、世の中の働き方は大きく変化しつつあります。就労者側の選択肢の広がりと共に、各分野のプロが個人として独立し、複数の企業で活躍する場面が増えてきました。

即戦力として企業のプロジェクトをサポートできる外部人材。今、そんなプロ人材を活用できる「外部人材サービス」に注目が集まっています。そこで本記事では、優秀な人材確保を可能にする外部人材活用支援サービスについてご紹介していきます。

フリーランス協会が手掛ける「求人ステーション」

hatarakikata20-1

外部人材サービスは、フリーランスで活動している人が活躍できる場を広げるというメリットがあり、企業にとってはプロジェクトを進行する上で必要なスキルやノウハウの獲得、業務量に合わせた柔軟な人材活用、労務管理費の削減ができるなどのメリットがあります。また、外部のプロ人材が持つアイデアを主体的に取り入れることで、イノベーションも期待することができます。

企業の課題解決やプロジェクトにマッチした人材の発掘に役立てられる。これが「求人ステーション」です。

「求人ステーション」では”認定マッチング業者”が仲介役

hatarakikata20-2

非営利団体である一般社団法人・プロフェッショナル&パラレルキャリアフリーランス協会が手掛ける「求人ステーション」は、企業と人材を繋げる”人材シェア”の一括相談窓口を設けています。

仕事を求める人材には、副業・兼業を含む活躍の場が広がるよう取り組み、フリーランス人材を活用したい企業には、採用方法などをアドバイスする。

企業側には仕事を求める人材を検索できる「フリーランスデータベース」を無料で提供し、依頼内容や条件に適した人材を発見するサポートを行なっています。

ただし、実際に企業と人材を繋ぐ役割は、人材ステーションに登録する「認定マッチング業者」です。

機密情報の取り扱いに関する事項や、人材募集や契約締結時に適切な支援が可能なことなどを含む、フリーランス協会が定める審査基準を通過した全13社が、タスク型やプロジェクト型といった各社のビジネスモデルに則した人材紹介を行なっています。

サーキュレーションが手掛ける「プロシェアリング」

hatarakikata20-3

人材紹介や求人広告だけに頼っていると、即戦力となる人材を発掘することが難しい時代となってきました。その背景には、プロジェクトごとにコミットするプロ人材が増えてきたことが一つの要因として挙げられます。

”どんな課題もプロがいれば解決できる。” ”地方創生にもプロの知見を巡らせる。”

といった、次世代を思わせるスローガンで、新しい働き方の価値観を創造する株式会社サーキュレーションは、「プロシェアリング」という外部人材活用サービスを展開しています。

すでに多くの企業が活用している「プロシェアリング」は、様々な分野で活躍するプロ人材を活用することができるオープンイノベーションです。上手に外部のプロ人材を配属することで、課題解決を行いつつ社内にもノウハウや知識を蓄積することができます。

また、企業による「プロシェアリング」の導入案件数は、開始当初の2014年の184件に比べて2019年8月の時点で4756件と、この6年間で約26倍へとその数を伸ばしています。

「プロシェアリング」は地域連携で経済活性化にも貢献

hatarakikata20-4

地方創生にも貢献する株式会社サーキュレーション。

日本全国に5つの拠点を設け、地方創生に取り組む株式会社サーキュレーションの「プロシェアリング」は、地方企業にとっても有益な外部人材サービスです。

2020年2月には、広島市を拠点とする中四国支社も設立されました。

業務委託という形態で活躍するプロ人材の専門知識や知見を取り入れ、企業の課題解決・イノベーションに役立てられる「プロシェアリング」は、UIJターン求人では発掘できない、首都圏に住む即戦力人材からの支援を可能にします。

外部人材にとっても、リモート作業や出張のみで就労することが可能になるため、直接雇用と比較しても採用率が高くなるのも特徴のひとつ。

これからの経営戦略・採用戦略にとって欠かせない「外部人材活用サービス」は、場所や地域に関係なく、企業にイノベーションを起こす可能性を大きく秘めたサービスとなっています。

次世代の人材戦略!企業の課題解決に「外部人材活用サービス」を利用しよう

hatarakikata20-5

外部人材活用サービスは、プロ人材をプロジェクトの一員として採用することが可能です。外部のプロ人材が持つ知識やノウハウを社内に蓄積させることもでき、社内にはないアイデアによるイノベーションも期待することができます。

”外部人材の活用”は、地域経済も活性化する可能性を秘めています。新しい戦略の一つとして、外部人材サービスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。