ブランドロゴとパッケージデザインを一新!西条のポン菓子専門店「ひなのや」

石鎚山系の名水・うちぬき水が育てる愛媛県西条市産の米を使い、高品質なお菓子を提供するポン菓子専門店「ひなのや」を運営する株式会社りんねは、創業10周年を機会にブランドロゴとパッケージデザインをリニューアル。縁起物の代名詞として、新しく生まれ変わります。

「ひなのや」の新しい顔 は”ふくら雀”

2010年10月に愛媛県西条市で創業し、今年で10周年を迎えるポン菓子専門店「ひなのや」は、この節目をもってブランドロゴとパッケージデザインをリニューアルします。味に加えてパッケージデザインにもこだわり、質の高いポン菓子を提供してきた「ひなのや」。その新しいデザインとなるブランドロゴのモチーフは、豊かさと繁栄を象徴する”ふくら雀”です。

古くから縁起物として知られる”ふくら雀”は、冬の寒い時期に羽に空気を含ませ身にまとう雀の姿が由来。福が来るという意味の”福来雀”と、良い福をもたらすという意味の”福良雀”という名前で知られており、今後「ひなのや」の新しいロゴとして活躍します。

節目を迎える「ひなのや」

hinanoya-rinne02

愛媛県西条市では、地産の米を使ったポン菓子を結婚式の引菓子として使う、昔ながらの独特な文化が残っています。

『お客様に”楽しいおやつの時間をお届けすること”、そして”地域の個性”となること』。「ひなのや」はこの2つを役割として掲げ、”ポン菓子”を現代風にアレンジし、新しいポン菓子ブランドを確立。毎年、西条市で収穫される新米を使用し、”お菓子を楽しむ事”をモットーに愛媛の伊予柑ピールや新宮かぶせ抹茶などをベースに常時約10種類のフレーバーを用意し、自然な味付けにこだわった商品ラインナップが魅力です。

また、一新したウェブサイトでは、企業や商品紹介の他にコラムを新設。製造風景を動画で紹介し、より「ひなのや」について知ることができるサイトとしてリニューアルしています。

出典:「ひなのや」公式サイト