失敗したくない地方移住!成功させるための重要なポイントをチェック!

基本はやっぱり ” 衣食住 ” !失敗しない移住のポイントとは

 

ijyuu-1

都会に住みながら地方移住について考えたり、実際に計画を立てている人は少なくありません。

実際、都会のギスギスとした暮らしを離れ、 新しく就職や起業に挑んで生き方を変えた人の成功例はたくさんあります。

そこで今回は、衣食住に不自由することなく思い描いていた生活を送れることを「成功」と呼ぶことにし、移住をする上で重要なポイントを3つご紹介していきます。

地方移住!成功のポイント①: 明確な目的意識を持つ

 

ijyuu-2

ハードルが高いイメージのある地方移住。

インターネットの中では、” 都会 VS 地方 ”の構図であらゆる情報が紹介されています。

しかし、結局のところ同じ日本国内なので、そこまで身構える必要はありません。

国内移住は、海外移住や留学などに比べるとハードルが下がります。

両親によって無理やり他国に留学させられ、その国の生活習慣などが嫌いになってしまった留学生の話を耳にすることがよくありますが、この留学生の話で注目したいポイントは、勉強以外に『 目的意識 』がないということです。

国内の移住は、住む場所によっては生活スタイルが大きく変わる可能性もあります。

そのため、海外に比べてハードルが下がるといえど、都会に比べて不便さのある地方に 「ただ、なんとなく」移住しただけでは留学生のように不満だらけの生活になってしまいます。

どの場所に行くにしろ、大切なのは ” 明確な目的意識 ” と言えます。

「あらゆる農作物を育てるために農業を1から学びたい」

「地方だからこそ活かせるアイデアで起業したい」

「都会で培ったスキルや知識、経験を地元で役立てたい」

「夢や想いを実現させたい」

地方に住む目的は人それぞれですが、ハッキリとしたものでなくとも ” 自分はこうしたい ” という想いや目的意識を持つことが、地方移住を成功させる第一歩と言えます。

地方移住!成功のポイント②: 仕事と収入を確保する

 

ijyuu-3

「都会は物価が高く、地方は物価が安い。」

これは一般的に言われている物価に関することであり、たしかにそのような側面もあります。

しかしながら地方移住は、輸送代の関係から都会に比べて価格の高いものも多く、 住んでみると意外に生活コストがかかることに気づかされます。

そのため、当たり前のことになりますが、地方での暮らしを成功させるためには ” しっかりとした収入を得ること ” が最も大切なポイントとなります。

地方の仕事にはいくつかの選択肢があります。

  • 現地企業への就職、または派遣社員・契約社員として働く
  • 地元の第一次産業や第二次産業に携わる
  • 飲食店やカフェなどを始めとした起業
  • ネット上で仕事が完結するフリーランス業
  • 地域おこし協力隊

などです。

上記はほんの一例ですが、自身にとって最適な仕事に就いて収入を得ることが地方生活の基礎となります。

軸となる収入を仕事や副業などで確保し、地方暮らしを成功させましょう。

地方移住!成功のポイント③: あたりまえという”固定概念”を取り外す

 

ijyuu-4

都会と地方の生活には、若干の違いがあります。

文化や習慣はもちろんのこと、人やサービスなどにおいても、都会では ” あたりまえ ” とされていることが地方では通じない場面が実際にあります。

例えば、

  • クレジットカードが使えない飲食店チェーン
  • 全体的にゆったりとした役場や他のサービス
  • 商店や外食産業のお店が予定より早く閉店する場合がある

といったものなどです。

地方では、都会のように考えつくされたサービスや要領の良さなどはあまり期待できません。

スピードの早い都会で生まれ育った人や、都会の生活に慣れている人であれば、地方での暮らしに対して不満を抱いてしまうことも少なからずあるでしょう。

しかし、都会で培った固定概念を持ち続ける事は、結果的にストレスを生むことになる可能性があります。

より健やかに地方で暮らすには、 ” 固定概念 ” を取り外すことが鍵になります。

日常のペースがゆったりしているのは、逆に地方の魅力でもあります。

やや古くて不便な地方だからこそ、 自分が持つアイデアが活きる場面も多いのです。

地方に移住するのであればその土地を知り、自らにストレスを生まない考え方を採用することをおすすめします。

地方への移住を成功させて、新しい生活を充実させよう!

 

ijyuu-5

どこに行っても大切になる”衣・食・住”。

その基本となるものは仕事や収入です。

しかし、地方にフィットした考え方や目的意識を持たない という選択は、後々大きなストレスを生む可能性があります。

都会から環境の違う地方への移住は、「明確な目的意識」なしには成立しません。

なぜなら、この ” 明確な目的意識 ” は「仕事や収入」に繋がり、生活環境や精神的な環境の土台となるからです。

初めから明確な目的を持つことは難しいかもしれません。

スタートは簡単なところからでいいのです。

「もう少し時間の流れがゆるやかな環境で過ごしたい!」というように思ったとしましょう。

そこから実際に、どうすればゆるやかな生活環境を実現することができるのか?を考えてみるのです。

「こんな仕事だったら精神的にも時間的にも余裕が生まれそう・・・。」

「この住まいだったら周りが静かだから落ち着いて暮らせそう・・・。」

このように少しずつ1つずつ、最初に思ったことを軸にして考えていけばいいのです。

そして、都会で染み付いた固定概念を移住先で取り外し、地方の新しいエッセンスを取り込んだオリジナルの新生活を実現していけばいいのです。

さぁ、新しい新生活に向けて動き始めましょう!