チームワークと技術力で、産業を支える”ものづくり”

働き方改革やAIの活躍により、近年ますます普及が進む”自動化”。産業の各分野で重要な役割を担う検査機器などの開発・製造を請け負う株式会社エムディテクノスは、まさに愛媛県東予地方の知られざる技術者集団。「ものづくりを通じて地域・社会に貢献していく」という企業理念のもと、各セクションで業務に携わる祖父江祐治(そふえ ゆうじ)さん、真鍋岳(まなべ がく)さん、森實健一(もりざね けんいち)さんに、これまでの経歴や仕事内容などについてお伺いしました。

開発から設置、メンテナンスまでを一貫して担う「エムディテクノス」

愛媛県西条市に本社を置く株式会社エムディテクノスは、自動車や半導体、電子部品やエネルギーの分野に至るまで、あらゆる産業を支えるファクトリーオートメーション機器や画像検査機器などの開発・製造を行っています。正確さと精密さが求められるこれら機器の製造には、各担当の高い技術力が必要不可欠。

真鍋さん:エムディテクノスでは、例えば画像処理を活用して製品に傷や異物の付着、混入が無いかなどを確認したり、生活用品となる商品を安全にお客様に提供できるようにするための検査装置や自動機など、これまで実際に人が行っていた作業を機械で行う装置や機器をオーダーメイドで製造し納めています。

顧客のニーズに合った装置や機器の開発から製造、メンテナンスまでを一貫して行うエムディテクノス。近年ではその技術力が高く評価され、上場企業による子会社化が行われました。同社の強みは、開発からメンテナンスまでの一連の作業を1社のみで行えることにあります。

祖父江さん:仕事は四国内だけでなく、全国からを受注しています。また、お客様が海外へ進出すれば、海外の仕事を請負うこともありますね。通常このような機器製造は、設計会社、組み立て専門の会社、電気を流して制御だけをする会社という、大きく言えば3つの会社で一連の作業を完了させますが、エムディテクノスではそれら全てを一貫して行います。

個人個人が持つ技術力の高さと、社内のチームワーク。機器製造工程のすべてを担うエムディテクノスには、日本国内に限らず世界にも活躍の場があります。

真鍋さん:お取り引きいただいている企業様の名前はお伝えできません。やはり会社の大切な部分、技術的なところも関わる話になりますので。

高い技術力を誇るからこそ縁の下を支えることに徹する。実績を表に出さなくとも、その評価は依頼や紹介という形で返ってきているようです。

培った経験と知識で、業務に取り組む技術者たち

様々な専門分野を持つエムディテクノスの技術者たちですが、その経歴もまた様々です。入社して3年目でソフトウェア開発を担当する森實さんは、ソフトウェアを改善・カスタマイズする知識を有しています。

森實さん:僕は大学卒業後、少しの空白期間を経てエムディテクノスに入社しました。ソフトウェアの知識は大学で学んでいたので、知識に関する基本的な部分は入社前からありました。

森實さんが携わっている業務に関する知識は、社内でも唯一とのこと。

森實さん:今は一人でお客様のニーズに適したソフトウェアのカスタマイズを行なっています。欠陥検査に関するソフトが中心ですね。社内でこの業務に携わっているのは僕だけです。基本的には社外のソフトウェア開発会社と連携しながらお客様のニーズを満たすソフトを作っています。

高速で流れる工場ラインの中で、欠陥を発見する検査機器の役割は重要です。高性能カメラがとらえた欠陥やゴミを、画像処理を経て瞬時にパソコン上にデータとして表示する。森實さんが担う役割は、検査データをソフトウェアによって正確に見える化すること。検査機器の品質を左右する大切なお仕事です。

次に祖父江さんは、これまでの経験を活かし、エムディテクノスで機械設計を行なっています。

祖父江さん:今はフィルム検査や光学系の取り付けをする設計を行なっています。西条市内で同じような仕事はほとんど聞かないので、馴染みがないと思います。

精密機械といった精度の高い設計では、強度を考えた材料や適切な部品の選定が欠かせません。取り扱う機器の特性からも、祖父江さんは100分の1ミリという精度で緻密な機械設計を行っていると言います。以前の職場では船舶系の電装設計に携わっていたという祖父江さんは、その経験を活かし、より高いレベルの業務に取り組んでいます。

また様々な経歴を持つ技術者の中でも真鍋さんは、異業種から装置の組み立て業務に携わっています。

真鍋さん:以前は造船所内で船のエンジン、プロペラや発電機など、大型部品の据え付けの仕事をしていました。その仕事に加えて全国の下水処理場や焼却場の点検整備なども行っていたんですが、元々機械がとても好きだったので、自分で設計がしたいと思うようになり、エムディテクノスに入社しました。

入社後の真鍋さんは、希望する設計職に就くためにスキルアップの段階にあると言います。

真鍋さん:機械設計に必要なスキルとして、現場で実物に多く触れている経験が欠かせません。そのために今は、設計が考えた図面を元に装置を組み立てる業務に携わっています。この経験が無いと、頭の中で詳細にイメージすることができませんから。

個々の目標に対してスキルアップの機会を設けているエムディテクノス。この育成環境の積み重ねが、企業全体の技術力向上に繋がっているようです。

業界未経験も活躍。今後の社会発展に欠かせない技術力

専門分野の経験者が活躍しているイメージが強いエムディテクノスですが、業界未経験の人材も活躍しています。

真鍋さん:エムディテクノスにはいろいろな方がいます。例えば大手ドラッグストアの店長だった方もいますね。その方は主にお客様のサンプルデータをもとにデモンストレーションを行い装置の据え付け、メンテナンスを行っています。

業界未経験であっても、かつてその道のプロであった人材を採用し適材適所で配置する。積極的な採用姿勢の裏には、ベテラン技術者による充実した教育体制があります。

真鍋さん:教育体制として、1人に対して1人が付き沿いで教育を行っていますので、細かく学ぶことによって作業がスピーディにできるようになっていると思います。40代半ばから60代のベテラン技術者、先輩の指導を受けながらの教育ですね。

充実した教育制度と手厚い福利厚生に加え、一人ひとりが信念を持って仕事をする環境に身を置けることで、安心して作業に専念できると言う真鍋さん。その充実した感覚は、祖父江さんや森實さんとの会話からも感じることができました。

少子高齢化による労働人口の減少、そして各企業の課題となる作業効率化を実現するオートメーション機器。エムディテクノスの強みであるチームワークと技術力が、今後の社会発展の一端を担います。

●エムディテクノスの採用情報はこちら