予約は3ヶ月待ち。県外からの来客も多い瀬戸内のゴッドハンド。

ヘアトリートメントにマッサージ、そして極上のリラクゼーションを提供してくれるヘッドスパ。美容室のオプションで受けるイメージが強いヘッドスパですが、愛媛県新居浜市にあるヘッドスパサロン・シャンティは、ヘッドスパ専門のお店です。元々新居浜市では馴染みのなかったヘッドスパ専門店ですが、シャンティは開業3年で予約が3ヶ月先まで埋まっているという大人気店。多くの方が癒しを求め、次から次へと訪れています。今回は、ヘッドスパサロン・シャンティのオーナーである塩見祐貴(しおみ ゆうき)さんにお話を伺いました。

五感へと働きかける、心地よい癒やしの空間

shanti-shiomi02

日々の暮らしの中では、動き続ける体をいたわることはもちろんですが、”考えること”や”感じること”など、心や脳、メンタルの部分も同じようにリラックスすることが必要です。

新居浜市にあるヘッドスパサロン・シャンティを経営するオーナーの塩見さんは、ヘッドスパはもちろん、全身へのマッサージや、自らがスリランカに訪れ習得したオイル療法『シロダーラ』などで、訪れる人々に極上のリラクゼーションを提供しています。また施術にあたっては、完全個室、1日5組限定という徹底ぶり。

「普段の業務はヘッドスパやマッサージが中心です。ヘッドスパをさらに生かすために”五感を満たす”ということを意識していますね。」

今や都会を始め、ヘッドスパの専門サロンは全国的に増えつつあります。そんな中でもシャンティでは、プラスアルファの要素として、全身マッサージや”五感へのアプローチ”を取り入れているそう。

「例えば店内に足を踏み入れた瞬間、心地の良いお香の香りがスッ~と鼻をとおりぬけ、店内には心が安らぐ癒し音や水といったやさしい音が流れる。心が満たされていく中、ふかふかのソファに腰かけ気持ちを落ち着けるハーブティーでホッと一息。そこはまるで夢の世界。このように、すべての五感に働きかけていくような意識をしています。」

心が満たされているとき、となりの誰かにやさしくなれた。誰しもこんな経験があるのではないでしょうか。『あなたがあなたらしく活き活きとした日々をおくる』をモットーに、塩見さんはヘッドスパを提供しています。

予約待ちはなんと3ヶ月。”伝えやすさ”というブランディング

shanti-shiomi03

以前は美容師として活躍していたという塩見さん。ヘッドスパに特化したサロンをオープンしようと決めたのは20代後半の頃です。塩見さんのヘッドスパは、美容師時代からとても評判だったそう。

オープン前には東京や大阪など、主要都市にある人気サロンを巡り、自らのサロンに活かすためのヒントを探し求めていたと話します。その数年後にオープンしたヘッドスパサロン・シャンティは、現在では予約3ヶ月待ちの大人気店へと成長を遂げました。

「過去の経験から今のサロンに活かしている部分は、何気ない日常の中にはたくさんのヒントが隠れていて、そこで感じたものや良かったもの、嬉しかったことは必ずメモや写真に残すようにしていることです。そしてその良かった部分を自分の企画に詰め込み、繋ぎあわせていくことで新しいものを生みだす感じですね。お店の内装やメニューも同じように意識することで、待ってでも行きたいお店としてのブランディングにつなげています。」

”待ってでも行きたい”と思ってもらえるようなサロンづくりを意識しているという塩見さん。サロンが人気の理由として、”人が伝えやすいもの”を意識しているということも語ってくれました。

「今はSNSの時代ですよね。どうやったらサロンが広がるのかな?と考えたときに、お客様がサロンに入った瞬間に、そこには夢の世界が広がっていて、思わずシャッターをきって、誰かに見せたくなるような…そんなファンタジーあふれる空間を意識しています。」

shanti-shiomi04

「また、SNSと並んで重要なポイントが口コミでの拡散。僕は自分の名刺に”瀬戸内のゴッドハンド”と書いています。このキャッチーな肩書きによって、多くの方に口コミで広げていただいています。」

美容師時代から名刺には”瀬戸内のゴッドハンド”と書いていた塩見さん。そうすることで興味をもってくれるお客様はもちろんですが、お客様の期待を裏切ることはできないというプレッシャーが生まれたそう。プレッシャーを自らの成長につなげ、その中でお客様の笑顔が生まれていく瞬間が何よりもの快感であり幸せだったそうです。

”癒やし”と”美”のニーズを満たすヘッドスパサロン

また、サロンを訪れるお客様の特徴についても語っていただきました。

「”ちょっと体疲れてるなぁ”、”気分が落ち込んでるな”という動機のお客様が大体7割。”美しくなりたい”、”綺麗になりたい”という動機のお客様が3割ぐらいを占めていますね。頭皮を引き寄せると髪の毛も綺麗になりますし、”美髪を目指したい”という人と”疲れを癒したい”という人、この2パターンに別れることが多いです。」

全身を癒やすリラクゼーション空間を提供する塩見さんですが、ヘッドスパは前述のように髪の毛の美しさを追求する人にとっても非常に有効な技術です。体のコリをほぐしたいという人、そして頭皮への刺激によって美しい髪をキープしたいという人のニーズを満たします。

「またお客様の特徴としては女性が多く、8割が女性のお客様ですね、年代はバラバラですが、お客様ごとにカスタマイズした施術を心がけています。」

ヘッドスパに楽器を使用?

shanti-shiomi05

「シャンティで行うヘッドスパのコンセプトは五感ヒーリング。お客様の五感を刺激していきます。」

シャンティで行うヘッドスパの大きな特徴は、楽器を使うという特殊な施術。塩見さんは、ヘッドスパやマッサージを行う際は常にお客様の五感をどのように満たしていくのかを念頭を置き、考えながら施術するそう。

「お客様の心の状態を読み取り、マッサージに特定の周波数を重ねることにより、さらに深いところにアプローチし全身を細胞レベルから癒していきます。世界各国の癒し音階でつくられたヒーリング楽器を使い、最初は天界と繋がりやすくなる周波数で心の扉を開け、そこからマッサージにはいっていきます。マッサージ中は細胞を修復してくれる周波数などを使いながら、心とカラダを癒していきます。」

身体に加えて精神的な面からも極上のリラクゼーションを提供する塩見さん。塩見さんが行うヘッドスパやマッサージは、ひとつのストーリ仕立てになっています。

「マッサージの最初から最後までを一つのストーリーと考え、最初はスッと心が落ち着き、メインの部分では幸福感がでるように華やかな気分に、最後は心を満たして解放していくイメージで、そんな物語を頭の中で描いています。」

このようにリラクゼーションタイムをアレンジすることで、身体が浮かび上がるような感覚や、まぶたの裏に美しい光景が広がるなど、今まで体験したことがないような不思議体験を味わったというお客様も多いそう。

またシャンティでは、施術中に高い周波数と低い周波数の音を織り交ぜて楽器を鳴らすことで、マッサージの最初から最後までの流れを意識して作り出していますが、その他にも癒やしの空間として店内の内装や配置、香りにもこだわりが。

shanti-shiomi06

「施術室に入った時の香りもそうですが、全てのアングルで映えるようにしています。座席に座った時、お客様が座る配置に応じた目線を絶対1回確認するんです。ここから見た時、あちらから見た時、向こうから出る時に見た時という、お客様の目線を全て考えて作っています。部屋に入った瞬間は、イギリスのアンティークをメインとした感じで、心がスッと落ち着くような空間にしています。」

「ヘッドスパという至福の時間だからこそ、どうすれば心に残していけるのか。”あなたの心の記憶に残る”。そんな時間をヘッドスパを通じ、提供できたらなと思っております。」

サロン内の全てが、お客様のリラクゼーションのためだけにオーガナイズされているシャンティ。他にはないシャンティならではの心に残る施術は、実際に体験しなければ分からない施術と言えるでしょう。

”自分がやりたいかどうか”が起業を楽しくする

shanti-shiomi07

塩見さんが開業の地に選んだのは、自分が生まれ育った新居浜市でした。

「開業にあたり、他のヘッドスパサロンがある松山での開業も考えたのですが、すでに市場があるところに持っていくのではく、市場がないところを開拓しようと思い、新居浜での開業を決めました。もちろん新居浜が地元というのも大きなポイントです。」

しかし、現在では大人気のヘッドスパサロン・シャンティも、開業時には周囲の人達から猛反対を受けたといいます。

「開業を相談したほぼ全員から反対をされたんですが、”成功すると思うからからやる”とか”成功しないと思うからやらない”という考えで動くと人生がおもしろくないと感じました。自分がやりたければやったらいいと思うし、やりたくなければやらなくていい。」

成功や失敗を基準にするのではなく、”自分が心からやりたいかどうか”を基準に、自身が楽しいと思えることが大切だと語ってくれました。

また、塩見さんは美容系の職種に携わる人達から起業の相談を受けることも少なくないそう。

「起業にあたって不安を感じている方も多いのですが、例えば一人で無人島に行けば、生き抜く術を自分で考えますよね。それによって様々な知識が身についていく。人間は多分、環境に甘える生き物ですから、そういう環境に自分自身をわざと追い込み、追い込まれた時に自分本来の能力が出てくると私は考えています。」

現在塩見さんは、自身の技術を全国各地に広げる講習活動も展開。現代人に美と癒しを提供する活動は、新居浜市から全国に向けて広がっています。

(取材協力)

-ヘッドスパSHANTI-