地域をブランディングする観光果樹園

愛媛県西条市で豊かに育つ農作物。地域ではあまり見かけない果物狩りで、県内や県外から来るお客様に楽しい時間と美味しい果物を提供する戸田佑基(とだ ゆうき)さんは、戸田果樹園の四代目を務めています。先代から続く果樹園を観光果樹園として運営する戸田さんですが、その活動は西条地域を支えることにも繋がっています。現代的な新しいアイデアで地域と連携し果樹園を運営する戸田さんに、戸田果樹園について、また果樹園を継ぐまでの経緯やマーケティングなどについて伺いました。

広大な畑で採る、甘くて美味しい果物

みかんとぶどうを主軸に、全国から訪れる多くの人々に新鮮な果物に触れる機会を提供する戸田果樹園。広大な果樹園で育ったみずみずしい果物は写真への収まりも良く、SNSで数多くシェアされるなど人気を博しています。オーナーの戸田さんは、みかんやぶどう狩りが少ない西条地域において、その”楽しみとしてのニーズ”をいち早く発見しました。

戸田さん:ぶどう狩りは、2019年に少しだけ手掛けました。そうしたら、来るお客様に非常に喜んで頂きまして。果樹園は私たちからすれば日常の風景なんですが、都会から来る人の目線からすれば、この広がる風景が凄く感じられたようです。

※撮影は11月下旬。ぶどうの収穫シーズンは夏頃。

祖父・祖母が60年という長い時間を掛けて作った広大な畑で取れる果物は、ずっしりとした重さと濃い甘みが魅力。ビニールハウスのように狭く区切られた空間ではなく、青空の下の開かれた場所で楽しむ”開放感”が戸田果樹園の醍醐味です。基本的に無休でオープンしているという戸田果樹園。ぶどうやみかんの収穫シーズン中は個人・団体と予約依頼も多く、1日の問い合わせ数も多いそう。アクセスも非常に良く、減農薬栽培で作られる果物は子供連れでも安心して触れ、食べることができます。大人1,000円〜、子供750円〜と手頃な価格設定となっており、多くの世代のお客様が楽しむことができる果樹園です。

祖父と祖母の畑を継ぐ

戸田果樹園を運営する戸田さんは、愛媛県西条市小松町出身。父は学校教員、そして祖父と祖母がみかんとぶどうを栽培しているという家庭に育ちました。長野県の大学に進学した頃は、農業に携わるという考えは無かったそう。

戸田さん:長野の大学では、工学部で科学の勉強をしていました。当時は農業をやる気は全くなく、大手メーカーに勤めようと考えていましたね。その中で色々興味が移り、結局違う道に進むことになりました。

戸田さんは大学卒業後、3年ほどにわたって営業の仕事を経験。その後、新居浜にある塾の仕事に携わることになります。しかしその後、祖父の健康状態が悪化し、これが農業を手掛けるきっかけとなります。

戸田さん:去年の10月に、88歳になる祖父の膝の状態が悪くなってきたんです。祖父と祖母に農業を継いでほしいと言われ、妻は賛成でしたが父には反対されていました。結果的に家族の多数決で、農業を継ぐことになったんです。

祖父と祖母が長い年月をかけて肥やした広大な畑を野ざらしにしてしまうのはもったいないと考えた戸田さん。農業を始めるにあたり、祖父からは農業の厳しさや、生計を立てる難しさについての話を聞かされたと言います。みかんもぶどうも、モノを売る上では営業と一緒と語る戸田さん。営業で培った経験が、戸田果樹園の美味しい果物を多くの人へと届ける取り組みへと繋がっていきます。

斬新なマーケティングで、果樹園に親しんでもらう

果樹園を多くの人に知ってもらうために、SNSや動画サイトの活用が必須となった現在。戸田さんは動画の配信やSNSの投稿、各メディアの出演を通して果樹園の魅力を発信しています。

戸田さん:インスタグラムやYouTubeのアカウントを運営させて頂いています。現在はシーズンごとにぶどうをメインに果樹園を運営していますが、今後は年間通して果樹園に来て頂けるように、オールシーズンでぶどう作りを行っていこうと思っています。

戸田さんが作成する果樹園の紹介動画には、果樹園の先代でもある祖父や祖母も出演。他の果樹園にはないアプローチが斬新で面白く、再生回数も伸びを見せています。また通常は8月と9月の2ヶ月が収穫シーズンとなるぶどうですが、1年を通してぶどう狩りを行うことができれば、シーズンに限らず多くのお客様のニーズを満たすことができます。

戸田さん:地元ホテルの宿泊プランに我々のぶどう狩り割引プランを組み込んで頂いたり、地元のお菓子屋さんとも連携しています。甘くて濃いっていうのをその場で食べて頂くので、そんなフルーツを作りたいと思っています。果物狩りなので、小さいお子様も結構来るんですよ。0歳児が抱っこ紐で来られることもあるので、農薬を減らすよう取り組んでいますね。

果物という食の安全面だけでなく、ポータルサイトを経由した口コミによる割引なども取り入れ、訪れるお客様のことを第一に考えている戸田さん。コンテナ3杯分の果物を還元するというプレゼント企画で農作物を配るという取り組みも行うなど、様々なアイデアや取り組みが今日の戸田果樹園を支えています。

西条市の観光を支える地域との連携

観光果樹園を通した活動に加えて、愛媛県西条市が取り組むLOVE西条応援特使としての顔を持つ戸田さん。果樹園とはまた別に、特使としての活動も積極的に行っています。

戸田さん:応援特使では、西条市の地元果樹園や観光スポットに行ったり、地元事業の担当者のインタビュー記事を西条市の公式フェイスブックに投稿させて頂いたりしています。

西条市で希少なみかんやぶどうを通して果物に触れる機会を数多く提供している戸田果樹園ですが、果樹園だけの運営で商売が成り立つという訳ではなく、地域全体としての取り組みも大切になってきます。

戸田さん:観光果樹園は、周辺施設との連携がすごく大事なんです。地域とのつながりが密接に繋がっている商売なんですよ。例えば駐車場もそうですし、果樹園の他にも公園や、西条の他の観光スポットについて聞かれることもあるんですよ。我々の施設だけが盛況になるというのではなく、西条市の周辺施設様と一緒に西条市自体をブランディングすることが、結果的にそれぞれの利益に繋がっていくんです。

生まれ育った地元西条市において、営業で培った経験やアイデアを元に農作物に触れる楽しさを多くの人に伝える戸田さん。戸田さんの活動は戸田果樹園、そして西条市という地域を支えることに貢献しています。

戸田果樹園公式ホームページ

戸田果樹園Youtubeチャンネル