まずは”職探し”!絶対成功させる「Uターン転職」のやり方!

絶対に成功させたい!地元で働く「Uターン転職」のやり方とは?

uturn-1

 

” 一度地元を出て都会へ進学・就職し、その後再び地元に移住し就職する ”

 

「Uターン転職」は、政府が推し進める” 地方創生事業 ”も相まって、全国的にも機運が高まっている働き方のひとつです。

 

「Uターン」を希望する理由は人それぞれで、

 

  • 都会から地元へと移住することで、都会における現在の生活を見直したい人
  • 自身のキャリアアップを望む人
  • 家族の事情で地元へ帰ることを希望する人

 

など様々です。

 

しかし、昔住んでいた頃と地元の状況が変わっているのは当然です。

 

そのため、 ” Uターン転職 ”で失敗したくないと深く考える人も多くなりがちです。

 

絶対成功させたい「Uターン転職」について、失敗を防ぐ職探しのやり方やポイントについてご紹介します。

 

Uターン転職は「職探し」が先決!

uturn-2

 

都会における通常の転職では、”職場・仕事を変える”というのがメインテーマです。

 

しかし、「Uターン転職」の場合はこのテーマに加え、

 

環境が大きく変わる

 

という大きな違いであります。

 

都会ではどこへ行くにも電車やバスなどの公共交通機関が利用できますが、 地方ではコンビニやスーパーまでの距離が遠く、車を利用しなければ 不便なシーンが多々あります。

 

そのような生活環境の地方ですから、都会に比べて企業数や就職先が少ないのは明白です。

 

「住む場所を決めて、引越しをしてから仕事探しをしよう。」

「実家に住む予定だから、引っ越ししてからのんびり仕事を探そう。」

 

と考えてしまいがちですが、「Uターン転職」を成功させるにあたっては長期間にわたり仕事が見つからないという事態も予測できるため、 これらの考えは移住後の生活リスクを高めます。

 

「Uターン転職」を成功させるためのやり方として、まずは” 職探し ”をすることが先決です。

 

Uターン先の地元で求人を探すやり方!

uturn-3

 

現職を離れる前に決めておきたいことが、Uターン先企業での内定です。

 

遠く離れた地元の求人情報を探すには、いくつかの方法があります。

 

しかし、情報が既に古くて役に立たないというケースも少なくは有りません。

 

出来る限り新しい求人情報をゲットするためには、いくつかの手段を組み合わせて活用するのが得策です。

 

果たしてどんな手段を組み合わせられるのでしょうか?

 

有効な”求人情報”を手に入れる!活用できる手段

uturn-4

 

 家族や地元の知人・友人から情報を得る

生まれ育った地元だからこそ活用できるのが、家族・友人・知人の人脈です。

 

人間関係が都会に比べて密な地方では、この人脈を伝って 新鮮な求人情報を得ることが一つの有効な手段になります。

 

自身で有効な求人を見つけることができない場合は特に、Uターン転職の 意志があることを伝えておきましょう。

 

しかるべきタイミングで情報が入り、 思わぬ求人情報に出会うかも知れません。

 

まず、情報の網をはることが大切です。

 

 各自治体がおこなうUターン支援を活用する

地方の自治体は、都会からくる新しい人材を求めています。

 

各自治体のホームページでは、Uターン転職に関する求人情報を掲示しており、効率的な情報収集が可能です。

 

また、都会にオフィスを構える自治体も多く、 U・I・Jターンに関するセミナーや説明会を行っているところもあります。

 

実際に足を運び、求人情報に触れてみるのもおすすめです。

 

 地方求人に特化した人材紹介・転職エージェントに相談する

Uターン転職に特化した人材紹介・転職エージェントに相談してみるのも、新鮮な求人情報に触れることができる選択肢です。

 

特に、地元の信頼できる人材紹介会社に相談する手段は有効です。

 

地元企業に足を運んで収集している情報が多いため、常に新しい求人や企業動向に触れることができます。

 

 求人情報提供サイトに登録する

転職情報を定期的に更新している求人情報サイトへの登録も役立ちます。

 

ただし、サイトによっては情報が古いまま残されているケースもあるため、更新日時を確認するか、実際に気になる求人に直接問い合わせをしてみることも必要となるでしょう。

 

 ハローワークのウェブサイトをチェックする

ハローワークでは常に、人材を募集する企業の情報が更新されています。

 

ただしハローワークは特徴的に、農業・林業・漁業といった第一次産業や、製造業・建設業などといった第二次産業に関する求人が多い傾向にあります。

 

そのため、企業が求めるイノベーション人材などのコアな求人は比較的見つけにくくなっています。

 

「Uターン転職」まず職探しから始めよう!

uturn-5

 

「Uターン」は、地元に帰ることを優先してしまいがちです。

 

しかしまず明確にしておきたいことは、Uターンは一種の移住であり ”転職”であるということです。

 

実家もあり、都会と違って様々なサポートを受けることができるUターンですが、 成功させるためには生活基盤となる「仕事がある」ということが大前提です。

 

” 仕事探し ”を後回しにするのではなく、現職を退職する前に求人に応募し、面接を済ませて内定をとっておくことが「Uターン転職」を成功させることにつながります。

 

様々な手段を活用し、まずはじっくりと情報を収集することに努めてください。

 

移住を成功させる鍵は情報収集です。

 

絶対に成功させたい「Uターン転職」。

 

まずは職探しから始めましょう!

 

関連記事

新しいキャリアを始める働き方の選択肢!「Uターン・Iターン」  「今の職場を離れて新しい環境でチャレンジしたい!」「都会を出て、地方でのびのびと働きたい!」[…]

uturn-iturn-0