” 地元ならではのニーズ “を発掘!「Uターン起業」のメリットとは

地元を盛り上げる!成功させたい” Uターン起業 ”

 

地元を離れて都会で就業し、再び地元へと移住する” Uターン ”。

 

今では政府の後押しや就業に対する考え方の変化などから、 U・I・Jターンといった地方での就職・起業を希望する人が増加傾向にあります。

 

家族や友人のいる故郷へUターンし就職することも可能ですが、 これを機に” 起業 ”を考えている人も少なからずいるのではないでしょうか。

 

近年では、都会とは異なる生活の中から” 地元ならではのニーズ ”を発掘し、 起業する例も増えています。

 

そこで今回は、地元での” Uターン起業 ”を考えている人が知っておきたいメリットをご紹介していきます。

 

地元が気づいていないニーズを発掘する

uturn1-1

 

日常生活の中で地元の方々が気づかないこと。

 

意外にも都会などの” 外から来た人 ”の方が、地方の良さや価値に気づいていたりするものです。

 

地元の方々はよく、慣れ親しんだ土地のことを全て理解していると考えがちです。

 

しかし、慣れ親しんでいるからこそ気づかないニーズやアイデアが存在するのも事実です。

 

これは、生活環境の違いからくる「視点の違い」が作用しているものと考えられます。

 

Uターン起業を考える人にとっては、これら都会の生活で得た 「視点の違い」が大きな武器となります。

 

つまりUターン起業は、地元の方々では気づきにくいニーズや生活をより便利にするアイデアを発掘することで、大きなチャンスが生まれるのです。

 

地元で起業するメリットとは?

uturn1-2

 

一般的にUターン起業は、都会での起業よりも難易度が高く見られがちです。

 

しかし、そのイメージの陰に様々なメリットが存在しているのも事実です。

 

そのメリットを確認してみましょう。

 

Uターン起業のメリット①: 生まれるアイデアの幅が広い

uturn1-3

 

まずなんと言っても生まれ故郷であるため、地元の家族や 友人・知人のつながりが既に出来上がっており、 あらゆる情報を受け取りやすいというメリットがあります。

 

  • 地元で得られる情報
  • 都会で得た情報
  • 自らの視点で見つけられるもの
  • 自身が都会で培った経験や知識

 

これらを材料に、地元にある潜在的なニーズを満たす事ができるアイデアを生み出し、地元に貢献できるビジネスを構築することが可能です。

 

Uターン起業のメリット②: 政府のサポートが受けられる

uturn1-4

 

Uターン起業ならではの利点として押さえておきたいポイントは、

 

助成金や補助金のサポートを受けられる」ということです。

 

今後約5年間で地方起業家を6万人排出することを明言している政府は、 国家を上げて地方起業家をサポートする方針を打ち出しています。

 

そのひとつが、「地方創生起業支援金」です。

 

この支援事業では、地方での起業に対して最大200万円の補助金を準備しています。

 

政府が設定する要件を満たす必要はありますが、地方で起業をする人にとっては力強い味方になるはずです。

 

Uターン起業のメリット③: 競合する企業・組織が少ない

uturn1-5

 

都会での起業は、自身の事業内容に競合する組織や企業が必ずと言っていいほど存在します。

 

が、その点Uターン起業の場合は、競合の少ない環境で始められる可能性が高くなります。

 

競合が多ければ多いほど” 目立つ ”ことが難しくなりますが、 競合の少ない地方では、地元メディアに取り上げてもらえる確率も高く、 地元の方々から一目置いてもらえる可能性も高まります。

 

Uターン起業のメリット④: ワークライフバランスが取りやすい

uturn1-6

 

地元で起業するUターン起業は、地元に貢献するビジネスを展開できるだけでなく、ワークライフバランスも取りやすい環境と言えます。

 

人口減少を懸念する自治体では、移住に関する支援はもちろんのこと、 子育て支援や出産・医療費の助成など、多くの支援をおこなっています。

 

自然が近くにあるところも多く、将来的に子供が自然と触れ合うことができる子育て環境が整っています。

 

このようにUターン起業はワークライフバランスが取りやすく、人生を豊かにする選択肢の一つにもなり得るのです。

 

” Uターン起業 ”を成功させよう!

uturn1-7

 

生まれ育った故郷へ移住し、自らが外部で培った知識と経験を活かすことで地元へ貢献することができるUターン起業。

 

もちろん、都会で起業するというのはとても夢のあるアイデアです。

 

しかし、地方創生を掲げる” 政府の考え ”や、人々の価値観による” 時代の流れ ”は、 間違いなく「地方」へ向き始めています。

 

都会では、地方にはないサービスやアイデアを沢山見ることが出来ます。

 

そんな視点を持って地元へと帰郷した時、どのようなものが見えるでしょうか。

 

自らが持つ視点の違いは、地元を活性化させるアイデアを生むきっかけになるかもしれません。

 

多くのメリットを享受できるUターン起業。

 

「地元と起業」双方にとって利点のある”Uターン起業”を成功させましょう!

 

関連記事

最大200万円の補助金!地方移住型の「起業支援金」(2019年) 2019年度における地方創生政策の1つに、「移住支援金制度」があります。 これは、ある特定の要件を満たした移住者に対して国の補助金[…]

eturn-0
関連記事

日本全体を盛り上げるための政策「地方創生」 現代の日常生活では、目の前にある仕事や物事をこなす事が最優先で、身近なミクロの世界はよく見えますが、マクロな社会の全体像を想像することが難しくなっています。そ[…]

chihousousei-0