国の” 補助金 ”が活用できる!2019年度の「移住支援金制度」

国からなんと最大100万円もの補助金が受けられる!

shien-1

 

東京への人口一極集中を解消し、地方を活性化することで 日本国内を経済的に盛り上げることを目的とした「地方創生」。

 

地方創生という制度が始まってから幾年かが経ちますが、 近年では” 時代 ”や” ライフスタイル ”、” 価値観の変化 ”などから都会を離れ、 地方への移住を検討する人が増加傾向にあります。

 

地方移住者を呼び込みたいと考える各地方自治体においても、 そういった声に答えられるよう「移住支援制度」の充実をはかっています。

 

引越しや予想外の出費など、移住には何かと費用がかかります。

 

だからこそ予算をしっかり立てた上で行動に移したいものです。

 

「地方創生移住支援金事業」は、そんな移住を希望する人に経済面での強い味方になります。

 

補助金を受け取る!「地方創生移住支援金事業」とは?

shien-2

 

地方移住者をサポートしてくれる「地方創生移住支援事業」。

 

この事業では、いくつかの要件を満たした人に対して” 移住支援金 ”を給付する取り組みをおこなっています。

 

事業の目的は前述のとおり、衰退気味の地方への移住、または起業を促進させることで地方経済を活性化し、日本全体を盛り上げていくというものです。

 

これは国だけでなく、移住する側にとってもメリットのある制度です。

 

支給額は最大で” 100万円 ”となっており、単身者の場合は 最大” 60万円 ”です。

 

ただしこれらは、各都道府県が定める額です。

 

地方移住について検討している人であれば、「移住支援金」を受けるための要件についてここで確認しておきましょう。

 

役立つ補助金!”地方移住支援金”を受けるための要件とは?

shien-3

 

国から支援金を受けるためには、対象者は以下の要件を満たす必要があります。

 

 直近で5年間、東京都23区の在住者または通勤者であること 移住する直前まで連続して5年間、東京圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)に在住し、 かつ東京23区内に通勤していた人。 (※ 条件不利地域を除く)

 

雇用者としての通勤の場合、雇用保険の被保険者としての通勤に限られる。

 

(※条件不利地域とは)

「過疎地域自立促進特別措置法」「山村振興法」「離島振興法」 「半島振興法」「小笠原諸島振興開発特別措置法」の対象地域を有する市町村。ただし、政令指定都市を除く。

 

一都三県の条件不利地域の市町村

・東京都:檜原村、奥多摩町、大島町、利島村、新島村、神津島村、 三宅村、御蔵島村、八丈町、青ケ島村、小笠原村

・埼玉県:秩父市、飯能市、本庄市、ときがわ町、横瀬町、皆野町、 小鹿野町、東秩父村、神川町

・千葉県:館山市、勝浦市、鴨川市、富津市、いすみ市、南房総市、 東庄町、長南町、大多喜町、御宿町、鋸南町

・神奈川県:山北町、真鶴町、清川村

 

引用:内閣官房・内閣府 総合サイト みんなで育てる地域のチカラ

 

 

② 東京圏以外の都道府県や東京圏内の条件不利地域へ移住する者

 

(移住支援事業をおこなっている都道府県や市町村に限る)

この要件には付帯条件があります。

 

  1. 移住先の都道府県が、地方移住支援事業について公表した後の移住(転入)であること
  2. 支援金の申請が、移住後(転入後)3ヶ月から1年以内におこなわれていること
  3. 支援金申請後から5年以上、移住先に継続して居住する意志があること

 

 

③ 移住支援事業をおこなっている都道府県が、移住支援金交付の対象として ”マッチングサイトに掲載している求人に新規就業”した者、または”起業支援金の交付決定”を受けた者

 

都道府県は、”地方創生の目的”という視点から法人を選定しています。

 

選定された無期限雇用契約の法人に新規就業し、週20時間以上の勤務をおこなうことが必須となります。

 

ただし、以下に就業の場合は支援金対象外となるため注意が必要です。

 

  • 官公庁
  • 風俗営業者
  • 資本金10億円以上の法人
  • 雇用保険適応外の事業主
  • 反社会勢力、または反社会勢力と関係する法人
  • 本社所在地が東京圏にある法人(条件不利地域を除く)
  • みなし大企業(中小企業で、親会社である大企業の傘下にある企業)
  • 就業者から見て3等親以内の親族が代表者や取締役を務めている法人への就業

 

地方移住支援金が交付されるまでの流れとは?

shien-4

 

「移住支援金」が交付されるまでの流れは、地方に移住して 新しく就業するパターンと、地方で起業するパターン2種類に分かれます。

 

【就業による地方移住】

  1. 都道府県が地方移住支援事業の詳細を公表
  2. マッチングサイトに対象の求人が掲載される
  3. 対象者は就職活動を開始
  4. 対象企業に内定
  5. 新規就業を開始
  6. 就業から3ヶ月以上、1年以内に移住先市町村で移住支援金の申請を行う移住支援金の支給

 

【起業による地方移住】

  1. 公募開始
  2. 執行団体へ起業支援金の申請を行う
  3. 審査を受ける
  4. 起業支援金の交付決定
  5. 交付決定を受けてから1年以内に移住先市町村で移住支援金の申請を行う
  6. 移住支援金の支給

 

以上が大きな流れです。

 

2019年も利用可能な”移住支援金”で人生の新しい扉を開こう!

shien-5

 

「いざ地方移住!」と思い立っても、引越しや予想外の出費が頭を悩ませるものです。

 

しかしながら、国がおこなう”地方創生移住支援金事業”は、地方移住者にとって 心強い「支援金制度」を用意してくれています。

 

地方で新しく挑戦したい人や、地元の企業への就職を考えている 人にとって、この制度は明るい未来を築くきっかけになります。

 

さらに、起業をともなった地方移住では最大300万円もの支援金が 受け取れるのは非常に魅力的です。

 

国と対象者の双方にメリットがある地方移住支援金を活用して移住を叶えることは、日本全体への貢献にもなります。

 

移住支援金を上手に活用し、地方移住で人生の新しい扉を開きましょう!

 

 

関連記事

新しいキャリアを始める働き方の選択肢!「Uターン・Iターン」  「今の職場を離れて新しい環境でチャレンジしたい!」「都会を出て、地方でのびのびと働きたい!」[…]

uturn-iturn-0
関連記事

最もメジャーな地方移住をおさらい!「Uターン」「Iターン」とは? 都会以外の新しい就職先や移住先を考えている人がよく目にする「Uターン」「Iターン」。&n[…]

jturn-eturn-0