”地方への先入観”を疑う!Uターン・Iターン・Jターンに必要な視点

”先入観”では測れない地方移住!

uturn-iturn-4-1

” 地方移住 ”や”Uターン・Iターン・Jターン”といった言葉には、どのようなイメージがあるでしょうか。

現在の日本は、「働き方改革」や「地方創生」を軸に日本を再び盛り上げ、 東京一極集中から地方移住へと人の流れを変化させようとしています。

政策に合わせて各自治体のサポート体制が整う中、Uターン・Iターン・Jターンについて検討している人口も増加しています。

そのためインターネット上にはあらゆる人のあらゆる意見が散見し、地方移住に対する見解が多数決で決まっているような印象があります。

しかし、”地方移住”は先入観だけでは語れないものです。

一度、Uターン・Iターン・Jターンに必要な視点を整理していきましょう。

「地方」に対する先入観は本当にその通り?

uturn-iturn-4-2

地方移住に関する意見は人それぞれ様々なものがあります。

  • 地方は都会に比べて物価が高い
  • 交通の便が悪く、都会よりも不便
  • 人間関係が密接で複雑なため、ややこしい
  • 何もないし人もいない
  • 単純に住みにくい

など、例を挙げればキリがありません。

しかし本当にその通りなのでしょうか?

地方移住について検索し、誰かのブログなどを見て「地方移住とはこういうものなんだ」と考えてしまうのは早合点です。

その理由は、

  • 自分自身が考えている移住先の情報に当てはまらないかもしれないこと
  • 移住先によって生活環境が異なること

などが挙げられます。

そして何よりも、   ”他者と自分は個性や価値観が違う” ということが大きな理由になります。

先入観の影響例!「あなたと私の”海外留学”は違う」

uturn-iturn-4-3

Uターン・Iターン・Jターンにこれから挑戦する人と、すでに地方に住んでいる人の関係性は、 これから海外留学に挑戦する人と、すでに留学を終えた人の関係性に似ています。

「海外はご飯もまずいし最悪。人は優しくないし自己中。あの国はやめておいたほうがいいよ」

という意見を留学前の人が聞けば、「どんなに最悪なのだろうか」と考えるのが普通です。

しかし実際に海外留学してみると、海外のご飯は意外にも自分好みのものであったり、 その人にとって現地の人は意外にも優しかったりします。

その上友達やパートナーもでき、 帰国後に留学前に聞いた話とは随分違った留学になったことに気がつくことも多いものです。

ある程度、社会的な国のイメージなどはあるかもしれません。

しかし、出会う人や経験する出来事は誰のものでもなく”その人だけ”のものです。

先に聞いた話を元に行動しないことを決断していれば、 大きな経験を逃していたかもしれません。

当たり前ではありますが、人の経験はあくまでも人の経験です。

他人のアドバイスがもたらす先入観は意識しておきましょう。

なぜ人は先入観を持ってしまうのか?

uturn-iturn-4-4

物騒な話ですが、”詐欺やトリック”といったものは先入観があるからこそ成立するものです。

先入観を持つ理由には以下のようなものがあると言われています。

先入観を持つ理由①: 自分で考える手間が省けて効率的

自分で考えないようにすることは、便利になった現代社会に生きる人が身につけてしまいがちな癖のようなものです。

典型的な例が「儲け話」です。

人の話を先入観として植え付け、自分で考えずに 「儲け話」にのる。

これは先入観を信じて考えることを怠るわかりやすい例です。

先入観を持つ理由②: 多くの物事を頭の中で整理しやすい

多くの物事は頭を混乱させるだけでなく、エネルギーの消費にもつながります。

そのためこれらを整理するために、人は先入観や価値観を利用します。

この繰り返しが先入観を癖づけしているようです。

先入観を持つ理由③: 知らないことは不安を生みやすい

人間が最も恐れるのは「知らないこと」、つまり「無知」です。

”どうなるかわからない”という状況から脱するために情報を仕入れて先入観を作り出し、 安心を得ようとします。

地方移住へ「一歩」踏み出す!必要なこととは?

uturn-iturn-4-5

人が持つ”直感”という感覚を鈍らせるという「先入観」。

特に先入観によってあまり良くないイメージがもうすでに出来上がっている場合は、 どのようにして一歩を踏み出すべきでしょうか。

先入観を捨てるには、客観的に物事を判断する視点が必要です。

一部の情報だけで全てを判断するのではなく、異なる意見を積極的に取り入れてみるのも手段のひとつです。

そして何より自分の足で移住したい土地を訪れることが、先入観を払拭するための有効な手段です。

幸いにも現在は、地方創生という政策が追い風となり、移住体験ツアーなどを実施している自治体も数多くあります。

現地に行きその生活を体験してみることで、他人の情報から得たもの以上の体験や体感を得ることができるでしょう。

先入観を払拭し、U・I・Jターンに向けて動き出そう!

uturn-iturn-4-6

政府が推し進める地方創生政策により、ますます注目を集めるUターン・Iターン・Jターン。

転職をするにしろ起業をするにしろ、U・I・Jターンによって地方移住することで生活環境が大きく変わることは間違いありません。

インターネットの情報を元に頭で考えることや予測することは助けになることもありますが、逆に足枷になることもあります。

地方移住は、先入観だけで推し量れるものではありません。

自ら足を運び、自ら体験・体感することこそ、移住先を知る大切な視点です。

先入観を払拭し、Uターン・Iターン・Jターンに向けて動き出しましょう!

 

関連記事

国からなんと最大100万円もの補助金が受けられる!東京への人口一極集中を解消し、地方を活性化することで 日本国内を経済的に盛り上げることを目的とした「地方創生」。地方創生という制度が始まってから幾年かが経ちますが、 近年では” […]

shien-0
関連記事

最大200万円の補助金!地方移住型の「起業支援金」(2019年)2019年度における地方創生政策の1つに、「移住支援金制度」があります。これは、ある特定の要件を満たした移住者に対して国の補助金、つまり 「移住支援金」を最大で10[…]

eturn-0