5Gにより発達するテクノロジーやサービス!より簡単に、そして身近になる”地方移住”

過去と現在は大きく違う?テクノロジーやサービスの発展が身近な”地方移住”を作り出す!

uturn-iturn-5-1

 

「上京物語」 「なごり雪」 「東京賛歌」・・・・

 

これらは、地方から首都圏へとその生活拠点を変える”上京”に関した歌です。

 

昭和の時代から日本の人々は東京に憧れ、上京するという価値観を持っています。

 

この価値観は歌という形で日本中の人々に浸透し、成功や夢の実現を目指して沢山の人が上京する流れを作り出しました。

 

その流れは、今もさほど変わりありません。

 

あまりに浸透しすぎたこの価値観ですが、現在の日本の課題を解決するために政府が推し進める「地方創生」は、その逆を行く政策と言えます。

 

今のところ有名な”下京ソング“というものはリリースされていませんが、過去に人々が上京したように、実は”下京”もそんなに夢がない時代ではなく、難しい時代でもなくなりました。

 

これは、”5G”のサービス開始による社会の発展が、地方にいながら都会と変わらない生活を実現させてくれるからです。

 

 

地方の常識は変わる!首都圏と変わらない生活ができる”地方移住”

uturn-iturn-5-2

 

インターネットというテクノロジーは、私たちの生活を激変させるほどの影響力を持つに至りました。

 

インターネットが無かった時代は、都会と地方の距離は遠く、全く違う環境として人々に認識されていました。

 

しかし現在はどうでしょうか?

 

地方都市の中でも成長する可能性の高い都市では、首都圏と変わらない生活を送ることができます。

 

インターネットの誕生により、地方にいながらネットバンキングや日用品、嗜好品のショッピングも可能となり、その上、通信技術の発達によりインターネットを介した仕事の数も増加傾向にあります。

 

YouTubeのような動画投稿サービスでは、アップロードした動画が人気であれば広告収入や案件報酬を受け取ることができ、さらには上京しなくとも音楽業界でデビューする人まで存在するようになりました。

 

都会でなければできない

 

という事がどんどん減りつつある今、地方を遠い場所、不便な場所と定義づけるのは、テクノロジーやサービスの進化を度外視した価値観と言えるようになりつつあります。

 

 

4G・4GLTEから”5G”へ・・・ 地方での生活はより便利になる

uturn-iturn-5-3

 

現在の私たちの生活を土台から支えている通信技術ですが、2Gや3Gといった時代を経て、現在は4Gの時代を生きています。(2020年1月8日時点)

 

4Gサービスは、テレビ電話や音声クオリティの高い通話、ウェブサービスの充実などを実現し、多くの仕事を創出し、現代人に多くの恩恵を与えました。

 

現時点の生活においても、不便に感じることがかなり減っている印象があります。

 

しかし、時代はこれから 5G「第5世代通信システム」に支えられる社会へと変貌を遂げていきます。

 

2Gから3G、3Gから4Gへの変化は、現代社会における通信技術の革新的な進歩でした。

 

さらにこの進歩を上回るのが”5G”です。

 

日本政府は2020年の春には5Gにおける一部のサービスを開始する予定を立てており、 これが実現すれば、さらに多くのサービスが実現可能となります。

 

 

都会にいるように地方で暮らす時代が来る?”5G”時代の到来

uturn-iturn-5-4

 

では、5Gで実現できることとは一体どのようなことでしょうか?

 

5G社会では、通信速度が現在の100倍にも向上し、同時接続数の増加やネット環境の改善が可能になると言われています。

 

しかし、その可能性は「未知数」です。

 

これは、5Gがもたらす利便性の向上が最終的に何を実現可能にするのか、現時点で把握しきれていないからです。

 

はっきりと言えることは、地方や都会といった物理的な距離や場所に左右されない生活が可能になるということでしょう。

 

 

5Gのサービスが開始されることで可能になることとは?

uturn-iturn-5-5

 

可能性は広がるものの、具体的なサービスについては未知数な5G。

 

しかし、予測されているサービスはいくつかあります。

 

  • 医療現場における遠隔手術
  • 自動車の自動運転
  • 視点を自由自在に変えられるスポーツ観戦
  • 人手不足の農業などの分野における機械化による労働力補助
  • あらゆるモノへのインターネット接続による情報取得

 

現在利用できるサービスがさらに進歩し、5Gにフィットしたアプリやサービスの開発など、多くの物事が発展すると予想されます。

 

 

テクノロージーと自然が共存する”地方移住”を実現させよう!

uturn-iturn-5-6

 

”上京”は、日本ではすでに使い古された言葉となっています。

 

日本政府が現在進めている「地方創生」を機に、日本社会の主軸が首都圏から地方へと変わっていく中、 人が混雑する都会で自己の可能性や成功を追う時代は徐々に終焉を迎えます。

 

これから始まる5G通信サービスは、 地方生活にも大きな恩恵を与え、物理的な距離に左右されないサービスを受けることが出来るようになります。

 

今後、大自然と触れることができる生活環境の中で、テクノロージーの進化によって都会と変わらない利便性を享受できる地方移住が、時代に沿った生活になると言えるでしょう。

 

通信技術の進化は、地方移住を身近にします。

 

テクノロージーと自然が共存する”地方移住”を実現させましょう!

 

関連記事

人間の誰しもが持つパーソナルスペースとは? 何をするにしても利便性の高い生活をおくることができる都会。 その反面地方では、都会ほどの利便性は期待できません。 マイナビニュースがお[…]

uturn-iturn-0
関連記事

実際、地方は都会に比べて物価が安いのか? 都会と地方の物価の違いは、常に論争の的となる話題の1つです。 ”地方創生”政策の支援制度などを利用し、Uターン・Iターン・Jターンによって地方へと移住した[…]

tokai-chihou-1-0