旅行しながら”仕事”に取り組む。盛り上がりを見せる「ワーケーション」という働き方

私たちの生活に大きなインパクトを与える「新型コロナウイルス感染症」。感染リスクを減らすための”ソーシャルディスタンス”や”3密(密室・密集・密閉)”といった新しい生活様式やテレワーク導入も広がり、従来の生活や働き方に大きな変化をもたらしました。”自然豊かな環境で、ゆったりと仕事に取り組む”。「ワーケーション」は、感染リスクの高い3密を回避し、旅行先で場所や時間に囚われることなく、自由に仕事に取り組むというライフスタイルを実現できる働き方です。現在、この働き方は国内で盛り上がりを見せ、政府も積極的に推進しています。

コロナ時代にフィットする「ワーケーション」

「ワーケーション」とは、”Work”と”Vacation”という英単語を掛け合わせた造語であり、「旅行先で休暇を楽しみながら仕事をする」という新しい働き方です。

今、人が集まることによって形成される”密”な環境が、私たちの健全な生活を脅かす環境となっています。感染リスクを回避するために急速に広まったテレワークなどの多様な働き方は、仕事に取り組む上での場所や時間の概念を変化させました。

生活の中できっちりと分けられがちな「旅行」と「仕事」ですが、”行きたかった旅行先で地域の人々と触れ合いながら、仕事に取り組む”という柔軟で自由なライフスタイルを可能にしてくれるのが「ワーケーション」という働き方です。

広がる「ワーケーション」への取り組み

workation-hatarakikata02

元々はオリンピック開催時の人口分散策や地方活性化の政策として立案された「ワーケーション」。現在政府は、コロナ禍という状況を考慮し、地域の経済活性化への打開策として”GoToトラベルキャンペーン”に加え「ワーケーション」の普及を積極的に推し進めています。そのため、自治体や企業による受け入れや誘致も進み、全国の宿泊施設でもワーケーションによる”連泊プラン”や”旅行先で家族で過ごすプラン”などのサービスも展開され始めてきました。

観光と仕事という側面のある「ワーケーション」ですが、地方にとっては移住促進や観光振興に繋がる政策になり、企業側にとっては地域社会への貢献にも繋がります。

好きな場所で働き、地域の人々との交流を持てる

workation-hatarakikata03

閉塞感のある職場とは異なり、「ワーケーション」では旅行先として訪れた開放感ある環境で仕事をこなすため、仕事に対する集中力やモチベーションの向上にも繋がります。若い世代の間では、「仕事の効率化や生産性の向上が期待できる」という声も。

また地方移住に興味のある人であれば、地域に訪れその場を楽しみ、地域の人々と交流しながら仕事に取り組めるという点も大きな魅力です。3密を避け、感染リスクを回避しながら就業できるというのも安心できる要素になります。仕事を終えた後は、好きな場所で最高のリラックスタイムを満喫。メンタルケアの一面も持ち合わせる「ワーケーション」は、これから定着する働き方のひとつに数えられています。

「ワーケーション」が新しい可能性を広げる

workation-hatarakikata04

これまでとは違った暮らし方を余儀なくされている現在。好きな場所や時間を選び、旅行先のゆったりとした時間の中で仕事に取り組むことが可能となる「ワーケーション」は、仕事の効率化だけでなく、地域の人々との交流によって仕事の可能性を広げることが出来る新しい働き方です。それだけではなく、地域活性化も可能にする「ワーケーション」という働き方は、2021年開催予定のオリンピックの勢いも重なることで、今後ますます社会に浸透していくことが予想されています。

 

関連記事

現代の若者が最も移住したい"住みたい田舎ベストランキング 若者部門"で全国第1位を獲得した西条市。そんな西条市がこの度、JOIN(一般社団法人 移住・交流推進機構)による毎年の恒例企画『2020年版 おすすめ移住先・交流先20選』に[…]

join-saijo01