生活全体に”調和”をもたらす!「ワークライフバランス」のメリットについて

「ワークライフバランス」は人生を満たすキーワード!

worklife-balance-1

 

政府による「働き方改革」や「地方創生」など、日本の未来をより良くするための政策が進む中、 ”ワークライフバランス”という言葉を耳にする機会が多くなりました。

 

みなさんは”ワークライフバランス”と聞いて、どんなことを思い浮かべるでしょうか?

 

この言葉を直訳すれば、ワーク(働く)ライフ(人生)バランス(調和)ということになります。

 

しかしながらワークもライフもバランスも、定義は人それぞれ異なるため、 人によってはまったく異なる意味に捉えられても不思議ではありません。

 

現在耳にする”ワークライフバランス”は、仕事と生活の調和を取ることであり、 どちらも犠牲にしないバランスの取れた生活のことを指します。

 

働き方改革」のキーワードであり、これからの人生を満たすためのキーワード ”ワークライフバランス”が実現できれば、様々なメリットを享受することができます。

 

ワークライフバランスの定義とその背景、メリットについて知っておきましょう。

 

 

なぜ”ワークライフバランス”が求められるのか?その理由を紐解く

worklife-balance-2

 

仕事が忙しく、生活面における様々な活動がおろそかになってしまったり、 体調を崩してしまった経験がある人も多いのではないでしょうか。

 

このような状況はまさに、”生活の調和が取れていない”状況です。

 

ワークライフバランスにおける「ライフ」とは、生活面における仕事以外の事柄(趣味・学習・育児・休養など) を指しており、生きる上で重要な基本活動を指します。

 

これらの活動が膨大な仕事量や時間によって両立出来ない、 もしくは安定性の低い仕事によって経済的な自立が難しいような場合、生活面でのバランスが崩れてしまい、満たされない人生となります。

 

このようなバランスを欠いた状態では、働き手の集中力や意欲が落ちるだけでなく、 生産性も期待できず、退職者や病人が出てくる結果にもなりかねません。

 

これは働き手だけでなく、企業にとっても嬉しくありません。

 

また、社会全体にとっても良くない状況です。

 

このような状況を改善するために、”ワークライフバランス”の実現が求められているのです。

 

 

憲章で定義されている「ワークライフバランス」

worklife-balance-3

 

憲章では、”ワークライフバランス”が実現した社会について以下のように定義しています。

 

「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、 家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて 多様な生き方が選択・実現できる社会」

 

また、具体的には

 

  1. 就業による経済的自立が可能な社会
  2. 健康で豊かな生活のための時間が確保できる社会
  3. 多様な働き方・生き方が選択できる社会

 

このような社会こそが、”ワークライフバランス”実現後の社会であり、日本社会の理想形です。

 

引用:仕事と生活の調和」推進サイト

 

 

生活における様々なメリット

worklife-balance-4

 

確かに仕事は重要です。

 

しかし、それを支える生活もまた等しく重要です。

 

そこで、生活面と仕事が両立することで享受できるメリットを、企業側と働き手側にこだわらずにご紹介していきます。

 

働き手の意欲と生産性の向上

業務過多の状態におちいり、仕事に対する集中力や意欲が低下するのを体験したことがある人も多いのではないでしょうか。

 

仕事内容と仕事量は、生活面に直接影響を及ぼします。

 

常に仕事脳でフルスロットル状態を保てる人は稀です。

 

働き手の生活面を考慮することで、働く意欲は高まります。

 

ワークライフバランスの実現が、結果的に生産性の向上につながるのです。

 

資格取得によるキャリアアップ

新たな職種に挑戦したり、資格がものを言う職業に就いていれば、キャリアアップのための学習時間が必要になります。

 

しかし日々の仕事に追われ、「学習」という自己投資の時間を生み出せない状況では、 キャリアアップ後のイキイキとした将来像をイメージすることもできません。

 

仕事と生活の両立は、あらたに学習する時間を生活の中に作ることに繋がり、 キャリアアップのための資格取得がより可能になります。

 

あらゆる世代の労働力確保

ワークライフバランスのとれる環境を整えることで、企業側はあらゆる世代の労働力を確保することが可能になります。

 

家庭の事情などにより、生活に重心が傾いていた主婦や高齢者などが 働きに出られるようになり、新たな労働力の確保が可能になります。

 

 

これからの人生に大切な”ワークライフバランス”を理解しよう!

worklife-balance-5

 

”ワークライフバランス”は、仕事と生活の調和を意味します。

 

多くの人々が社会生活における家庭や地域活動、啓発活動などに十分な時間を確保できれば、 どちらにも健全なモチベーションで取り組むことができ、個々の人生が満たされます。

 

一人一人の人生が満たされた先に、企業や地域、日本社会全体の活性化が広がっています。

 

これを実現するには「働き方改革」の推進が必須です。

 

このようなメリットも含め、これからの人生に必要な”ワークライフバランス”を理解しておきましょう!

 

 

関連記事

新しいキャリアを始める働き方の選択肢!「Uターン・Iターン」  「今の職場を離れて新しい環境でチャレンジしたい!」「都会を出て、地方でのびのびと働きたい!」[…]

uturn-iturn-0
関連記事

基本はやっぱり ” 衣食住 ” !失敗しない移住のポイントとは  都会に住みながら地方移住について考えたり、実際に計画を立てている人は少なくありません。 […]

ijyuu-0